愛知工科大学 工学部

モトクロス

自動車工業学科 助教 加藤 寛/KATO Hiroshi

加藤寛研究室サイト


images/kato10_01.jpg

2013年9月ぐらいにアップされていると思います。東日本大震災から二年半経ちますが、決して忘れてはならないことで、一日でも早く復興されることを願います。

AUT FUNも10回目ですが、今回はちょっと変わった視点からお送りいたします。 表題のモトクロスですが、間違いの無いように、決して自分がやっているのではありません(笑)。

自分は現在、短期大学自動車工業学科の二年生の担任をしていますが、実は受け持ちのクラスの学生で、「全日本モトクロス選手会公認 モトクロス国際A級ライダー」が在籍しています。

全日本モトクロス選手会公認 モトクロス国際A級ライダー


images/kato10_02.jpg

学生の名前は「稲垣 達樹」君で、現在ⅠA-2クラスにエントリー中。
今年のゼッケンは「№49」
「SRF Teamブルーイーグルス」に所属しています。
(2013年9月現在)


先日、「全日本モトクロス選手権シリーズ 2013・第7戦 近畿大会」が、奈良県の名阪スポーツランドで行われましたので、紹介を兼ねて報告させて頂きます。
ここで紹介「モトクロスとは、モーターサイクルによるクロスカントリー、つまり未舗装の周回コースにてスピードを争う二輪レースです。モトクロスのコースは通常、丘陵などの不整地に設けられているので、起伏に富んだ自然の地形を生かした勾配や、ジャンプ台などの人工的セクションが勝負どころ、見どころとなります。」(MFJ HPより)


全日本モトクロス選手権シリーズ 2013・第7戦 近畿大会

決勝当日は朝から雨で、徐々に回復してきましたが、スタート時はあまり良くない状態でした。

前日の予選では、IA-2 予選Bにおいて四位といい感じです。


images/kato10_03.jpg


こちらが名阪スポーツランドのモトクロスコースです。ハイスピードで高低差もあり、テクニックと体力が求められる難コースです。

(名阪スポーツランドオフィシャルホームページより)


images/kato10_04.jpg


決勝は2ヒート制(二回走ります)で、それぞれポイントが付きます。 1ヒートは30分+1周走ります。

稲垣君はコースをしっかり確認していました。


images/kato10_05.jpg

ヒート1


いよいよヒート1のスタートです。
生憎、スタート直後、2コーナーでマルチクラッシュがあり、かなり後方になってしまいました。


images/kato10_06.jpg


ヒート1 スタート(動画)
動画の中で、赤いマフラーを付けて走っているのが、稲垣君です。




コースにはいたるところに名前が付いています。
「NGKテーブルトップ」をジャンプ!


images/kato10_07.jpg


ヒート1 ジャンプ(動画)




ヒート1 ダイイチヘアピン(動画)




ヒート1のフィニッシュ
残念ながらスタートのアクシデントもあり、16位でした。
シリーズポイント5点を獲得。


images/kato10_08.jpg

そのほかにも、チャイルドクラスやレディースクロスが行われていました。


images/kato10_09.jpg

ヒート2


午後になり、ヒート2のスタートです。

ヒート2 ダイイチヘアピン(動画)
ヒート2は、白のつなぎに変わりました。赤いマフラーはしています。
スタート時、中央のBOXに隠れています。




ヒート2もスタートで残念ながら出遅れ、集団に飲まれてしましました。

「デンソーフープス」を下ってくるところです。


images/kato10_10.jpg


デンソーフープス 動画




結果、ヒート1と同じく16位でシリーズポイントを5点獲得。

残念そうな顔で帰ってきました。


images/kato10_11.jpg

第7戦が終わってシリーズランキング17位で、昨年は15位で終えているのでやや苦戦しています。残りは埼玉のオフロードヴィレッジと宮城のスポーツランドSUGOです。 普段の勉強とレースの両立は大変ですが、残り二戦、頑張ってほしいところです。 稲垣君は今後もレース活動を続けていきます。これを見られた方は応援を宜しくお願いします。

今回は一風変わったAUT FUNでした。 ※ この記事は本人の了解を得ています。


コンテンツサイトマップ -

PAGE TOP