愛知工科大学 工学部

新城ラリー

自動車工業学科 助教 加藤 寛/KATO Hiroshi

加藤寛研究室サイト


images/kato11_01.jpg

2013年11月ぐらいにアップされていると思います。

私どもの大学から車で一時間半ほどのところに新城市がありますが、2007年から「JAF 全日本ラリー選手権」が行われており、今回は紹介と観戦記をお送りいたします。 新城ラリーは今年で10回目となりますが、2004年のスタート時は「中部ラリー選手権」でした。その後、新城市の行政のバックアップにより、毎年規模が大きくなり観客数も増え、さらに今年は愛知県の後援を受け、いまやラリー北海道に次ぐ国内最大級のラリーイベントとなっています。 モータースポーツには色々と種類があり、国内のモータースポーツでJAFの公認競技として、レース、ラリー、スピード行事(ジムカーナ、ダートトライアル、サーキットトライアル)、レーシングカートなどがあります。 国内のラリー競技は、SSと呼ばれる公道を閉鎖した区間を最短のタイムで競う区間と、SSとSSとの間を、公道を移動しながら指示された時間で正確に走行するロードセクション(リエゾン)とで構成されています。

新城ラリーは、全日本ラリー選手権全9戦の最終戦でもあり、特にJN4クラス(排気量3000cc超)はランキングトップ2台の最終決戦となり、そこで今回、有料ですが普段は間近で見られない、SS区間の特別観戦エリア(本宮山スカイライン)にて観戦して参りました。

新城ラリー写真


images/kato11_02.jpg

まずはゼッケン1番、現在ランキングトップのドライバー勝田範彦選手、コ・ドライバー足立さやか選手のスバル・インプレッサWRX STIです。公道を閉鎖しているので、道路をいっぱい使ってのドライビングです。ナンバー付きの車ですが、至近距離を走行していくので迫力満点です。



images/kato11_03.jpg

続いてゼッケン2番、ランキング2位のドライバー奴田原文雄選手、コ・ドライバー佐藤忠宜選手の三菱・ランサーエボリューションXです。ラリーはふたりひと組で走行し、ドライバーはコ・ドライバーの読み上げるペースノートに従ってSSを全開で走行します。



images/kato11_04.jpg

JN4クラスはインプレッサとランサーがほとんどですが、そんな中ゼッケン6番のランエボ・テンがドリフト気味に駆け抜けて行きました。後輪から土煙を上げているのが分かります。



images/kato11_05.jpg

その他JN3クラス(排気量1500cc超/3000cc以下)では年間チャンピオンを決めている、ゼッケン13番のトヨタ86。


images/kato11_06.jpg

ゼッケン19番の全日本ジムカーナ選手権やスーパーGTで100勝以上の山野選手の86や、本学の所有車両にもある、ロータスなども参戦していました。


images/kato11_07.jpg

JN2クラス(排気量1400cc超/1500cc以下の2WD車)も年間チャンピオンを決めている、ゼッケン25番のトヨタ・ヴィッツRS。



images/kato11_08.jpg

JN1クラス(排気量1400cc以下およびAE車両)は年間チャンピオン争うダイハツ・ストーリア同士の対決ですが、画像で分かりにくいかもしれませんが、ゼッケン35番は左前をクラッシュさせた状態で走行していきました。※AE車両とは電気モーター、または電気モーターとエンジンを併用した車両です。



images/kato11_09.jpg

その他電気自動車の日産・リーフや、軽自動車のダイハツ・エッセも参戦していました。



images/kato11_10.jpg

競技の合間にゼロカー(コースを確認する車)で、TE27レビンも走りました。



images/kato11_11.jpg

また今回併催されていたトヨタ車のワンメイクラリーシリーズ、「TRD ラリーチャレンジ」もあり、そちらにはゼッケン104番、GARZOO Racing TRD86のモリゾウこと、豊田章男トヨタ自動車株式会社代表取締役社長も全戦エントリーされていました。


images/kato11_12.jpg

その他ゼッケン158番の選手は、全日本ラリー参戦経験もある俳優の哀川翔さん、ゼッケン159番の選手は、GARZOO Racing Ladyの女性二人組が参戦。


images/kato11_13.jpg

ゼッケン115番はAE86レビン、ゼッケン111番はドライバーが地元のFM愛知のDJくろちゃんこと黒岩唯一選手とコ・ドライバーはG-Ladyの方でした。

新城ラリー動画

メイン会場の県営新城総合公園では、さまざまなイベントがあり、中でも元WRCチャンピオン、ビョルン・ワルデガルド選手が乗るTA-64セリカの、とても70歳の運転とは思えないデモラン。


スバル WRX STIを操る、新井敏弘選手。


パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライムで有名なモンスター田嶋こと田嶋伸博選手のとても86に見えない、V6ツインターボ+ミッドシップ4WDのスーパー86のデモランがありました。



レースの結果はとびらの写真のように、JN4クラスではゼッケン2番のドライバー奴田原文雄選手、コ・ドライバー佐藤忠宜選手の三菱・ランサーエボリューションXの優勝となりました。 ※その他の結果はネットで検索してください。

閉会式で、愛知県の大村知事やトヨタ㈱の豊田社長が、新城ラリーは今後さらに大きな大会となっていくと明言されていました。大学からもほど近いこの場所で来年以降も開催されていくようですから、本当にこの大学は近くにサーキットも二つあり、車に興味のある学生さんには良い環境だと思います。


コンテンツサイトマップ -

PAGE TOP