愛知工科大学 工学部

かわいいアヒルの子

入試広報センター 主任 河合武明/KAWAI Takeaki

かわいいアヒルの子

「みにくいアヒルの子」という童話はご存知ですか? アヒルの群れで生まれたヒナ鳥が、他のアヒルのヒナに似ず、地味でかわいくないことからいじめられてしまいます。このお話だと、アヒルはとても意地悪な印象を受けます。でも実際、アヒルのヒナは、とてもかわいいものです。

大人になったアヒルは白鳥ほど華やかさが無いため、この童話に採用されたのかもしれません。決してアヒルは意地悪ではないですよ!

「みにくいニワトリの子」では少し親しみが湧かないような・・・。

さて、先日、我が家にアヒルのヒナが2匹やってきました。

名前は「がー子」と「つぶら」。
「がー子」は体が大きくてガンコそうなので、「つぶら」は体が小さくて目がつぶらだから・・・。
子どもたちからは、ベタな名前と言われてしまいました。

プリプリとお尻を振りながら歩く姿は、とても愛くるしいものがあり、和みます。




おおきくなったアヒル



少しお疲れぎみの方、我が家のアヒルを見て和んでください。


コンテンツサイトマップ -

PAGE TOP