愛知工科大学 工学部

2017年最初の大会「第33回三河湾健康マラソン」を走る

情報メディア学科 教授 杉浦伸明/SUGIURA Nobuaki

杉浦研究室サイト



2017年最初のマラソン大会として、2月12日に地元蒲郡市で開催された「第33回三河湾健康マラソン大会 10km」に参加した。

この大会、昨年、一昨年と雨であったが、今年は、雨はなく良い天気となった。しかし、寒かった(4.4℃、82%、2.8m/sというのが完走証に記された午前10時の気象条件)参加者名簿では10kmは全体で2000名。10kmの部には小学生も参加しているから驚き。その小学生が結構早い。中学生、高校生は若さからかっ飛ばしていく。スタート地点にたどり着くまでどれくらいの時間がかかったかは確認しなかったが、流れに任せて走った。残り4km地点からギアーを入れ替え、スピードを上げた(自分の気持ちとして、そのつもり)。残り2kmでさらにアップ(のつもり)。少し、足に疲れが来ていたが、坂に差し掛かり力を振り絞り、最後の直線をゴール目指してひた走った。ハー、ハーと息遣いも荒くなりゴールした。完走証では48分23秒であった。久しぶりに50分の壁を切った。

着替えに戻ったところ、隣に陣取っておられたグループの方は全員ゴールしていた。早い!グループの中の女性の方が「ベストが出た。41分だった。」と話しているのを聞いて、すごいな。と思った次第である。さて、次は4月に予定している大会である。こちらはハーフマラソン。コンディションを整え、望みたいと思う。


コンテンツサイトマップ -

PAGE TOP