愛知工科大学 工学部

De N oN Boo!岐阜国際音楽祭コンクール 参加 レポ

自動車工業学科 助教 鵜飼 達也/Ukai Tatsuya

鵜飼研究室サイト

De N oN Boo! 岐阜国際音楽祭コンクール 参加 レポ

平成26年4月6日 土曜日 岐阜県穂積市市民センターで行われた「岐阜国際音楽コンクール 予選会」に、本学De N oN Boo!で、華麗にサックスを演奏してくれている山田君が出場いたしました。

岐阜音国際楽祭への出場を掛けたコンクール

今回のコンクールは、岐阜音国際楽祭への出場を掛けたコンクールでした。
De N oN Boo!では、卒業式や入学式での50分近くに及ぶ祝賀演奏や、新入生歓迎Live等、春先は行事も多く毎回プログラムが変わる演奏があって大変ですが、彼は最終学年でもあることから、就活もしながら、外部指導の先生のご指導の下、コツコツと練習に励んで来ました。
嬉しいことに、今回のコンクールでは、先生もご一緒して頂けました。



格式高いコンクール


De N oN Boo!では、管楽器も使用しているとはいえ、普段、本物のクラッシックの曲を全く演奏する機会もない中、今回のような格式高いコンクールへの参加は、大変度胸の要ることです。 当日、会場でのエントリー状況を見て、やはり専門教育を受けた人たちが大半を占めるコンクールと知り、無謀とも思われる挑戦に、内心焦りました。



無謀な挑戦だったのか・・・


本来なら前日から個人的に練習場所を確保し、当日も朝早くから練習をしたのちコンクールに臨むのが一般的かと思われますが、予算等の関係からすべてを断念。 冷静に考えれば考えるほど無謀な挑戦だったのかも知れません。控室での撮影は、他の出演者もお見えですので自粛しました。と、いうより、室内での撮影はほとんど自粛ということで、今回の写真は極めて少ないです。



緊張、プレッシャー


会場入りした後、ホールで他の出演者の演奏を聴いて響きの確認をしました。綺麗に響く良いホールでしたが、審査員との距離は舞台からかなり近くとても緊張する立ち位置でした。
出演時間まで少し時間があったため、控室で少し音を出したのち本番。
コンクールでは、大変難しい無伴奏の曲を選択。ピアノの伴奏があればテンポや音程を作る目安にもなるのですが、無伴奏では、舞台上の音楽の全てを自分一人が作らなくてはなりません。大変なプレッシャーです。


出演直前の緊張感に耐えている山田君のショット。


ついに、本番…


コンクールでの演奏の写真は・・・ございません。残念。
ということで、本学、新入生歓迎会での彼のショットを載せておきます。しかし彼は、こういう舞台ではとても映えますね~。うん、とってもカッコイイ。



努力賞


大変難しい曲を、大きな事故もなく見事な演奏を披露してくれました。 
結果は、努力賞。
専門教育を受けた人たちと同じ舞台での演奏は、決して彼らにも引けを取らない素晴らしい演奏だったと思います。



De N oN Boo!では、コンクールやコンテストを目的に活動しているわけではありませんが、今回の山田君のように、前向きに活動する学生の応援もしています。
楽器の演奏技術を磨くということは、本学の勉学とは全く無関係ではありますが、中学校や高校で一生懸命練習した音楽。「大人になっても楽器や音楽を続けたい」。 でも、現実は場所やメンバーの確保が難しく断念してしまう人が多いのも現実。
そんな中、De N oN Boo!の学生たちは、本学で学んでいる工学部的発想から、パソコンを駆使して音楽を作り、電気で制御された機械仕掛けの器具でLive House を思わせるような仕掛けを作り、 音響や照明の勉強をして少人数でも、究極は一人でもLive Performance を打てるほどの技術を確立してきました。
そして、この部を引っ張って行ってくれている山田君は、有名一流企業さんの内定も頂き、勉学も頑張っていることを証明してくれました。おめでとう。
本職である技術者の仕事を持ちながら、質の高いLive Performance が打てる、アマチュアの音楽家という側面を持った学生が、確実に育ってくれていることを実感させてもらえた一日でした。


コンテンツサイトマップ -

PAGE TOP