学習支援体制

基礎科目の学びを個別にサポート

大学で学びを円滑に進めるには、数学や物理、化学、英語といった基礎科目をよく理解していることが必要です。しかし、「高校で物理を習わなかったのでわからない」とか、「基礎的な部分がわからないまま過ごしてきてしまったので、わかるようになりたい」、「どうやって勉強したらよいのかわからない」などといった問題や不安を抱えている学生もいます。それぞれが違ったレベルや目的を持って基礎科目を納得行くまで学べるためにあるのが「総合教育センター」です。個別指導教員がマンツーマンで個別指導を行い、基礎科目についての理解や習熟度を高めます。ほかにも授業と並行して少人数で行われる「基礎学力増強プログラム」やWebによる教材やコンテンツの配信など、多彩なプログラムを通して学習支援を行っています。学生のみなさんが安心して授業に臨め、より楽しく、充実した大学生活を送ることができるようにサポートしています。

総合教育センター新しくウィンドウが立ち上がります。

個別相談

専門の教員があらゆる相談に応じます。

センター専任教員が常駐、ほかに学科兼任教員が交互に常駐し、自ら学びたいという学生と、マンツーマンで学業をはじめあらゆる相談に対応した助言・指導を行っています。平たくいえば「家庭教師」のような役割を果たしています。特に1~2年生の学生が利用しています。

基礎学力増進プログラム

苦手な教科も理解が深まります。

数学や物理の授業と並行して開講され、基礎的な事項について多角的に学びます。授業の進行とあわせて実施されるので、講義内容の理解度がさらに増します。

Web教材

教材を自宅でダウンロードできます。

自宅学習に活用できる基礎教育科目にかかわる教材をWebからダウンロードすることができます。Web環境があれば自宅にいたままでも、納得いくまで学習し、理解を深めることができます。

オフィスアワー

すべての教員がキミの相談にのります。

全教員が学生とのさまざまな相談に応じる時間帯(オフィスアワー)を設けており、教員の指定する時間帯であればいつでも、勉学に関する質問や進路、大学生活などさまざまな相談に個別に応じています。


ページの先頭へ戻る

資料請求/各種資料、パンフレットの請求はこちらから
デジタルパンフレット