教育方針(ポリシー)

愛知工科大学自動車短期大学アドミッションポリシー

愛知工科大学自動車短期大学は、自動車に興味を持ち、これからの自動車産業界をリードする意欲と情熱を燃やし続けることができるような人の入学を求めています。

  1. 自動車整備技術に興味があり、自動車整備士を目指す人
  2. 自動車、自動二輪車などの開発技術に興味を持つ人
  3. 自動車産業界において求められる知識、技術を修得したい人
  4. カーエンジニアとして社会への貢献を目指す人
  5. 自動車に関する各種の資格取得を目指す人
  6. 愛知工科大学自動車短期大学での修学に備え、入学まで継続して勉学する意欲のある人(入学前に勉学する範囲は、本学の一般入学試験における出題科目・範囲が望ましい。)

教育方針(カリキュラムポリシー)

自動車の基本的な構造や装置について学び、段階的に各装置の結びつきを理解することで、自動車全体をシステムとして捉えられるように、次のことを意図してカリキュラム(教育課程)を編成しています。

  1. 理論学習と実験・実習を繰り返し行う独自の教育システムにより、基礎知識から実践技術までを効率的に修得します。
  2. CS講義やセミナーなどを通してコミュニケーション能力を身につけることにより、豊かな人間性を育成します。
  3. インテリジェント化の進む自動車に欠かせないカーエレクトロニクスや自動車の設計・製造に関わるCADシステム、機械工作法など多彩な選択科目を用意し、広く自動車産業界で活躍できる技術職業人になるための学習を支援します。
  4. 進学意欲のある学生には、愛知工科大学工学部の1級自動車整備士養成課程への3年次編入学を支援します。

卒業方針(ディプロマポリシー)

愛知工科大学自動車短期大学は、次のような到達目標を掲げ卒業の認定及び学位記を授与します。

  1. 自動車整備士として活躍するために必要な知識・技術を修得している。
  2. 健全で中正な社会観と堅実な人生観を持った、周囲から愛され、信頼される素養を身につけている。
  3. 円滑な人間関係が築けるコミュニケーション能力を有し、社会人として地域社会に貢献できる。

ページの先頭へ戻る

資料請求/各種資料、パンフレットの請求はこちらから
デジタルパンフレット