学びのポイント

自動車工業学科の学びのポイント

Point1.自動車整備士養成の認定大学

本学は、国土交通省より自動車整備士養成施設の認定を受けています。2年間に組み込まれた講義と実習、学内講習により、卒業と同時に2級自動車整備士(ガソリン・ジーゼル) の受験資格が得られ、実技試験も免除されます。


授業の様子

Point2.2級自動車整備士合格率(2013年3月卒業生実績)

2級ガソリン自動車整備士 97.5パーセント

2級ジーゼル自動車整備士 98.3パーセント

全国平均よりはるかに高い合格率が証明する、2級自動車整備士の合格実績。座学と実習の両輪で基礎を着実に固め、応用範囲の高い素地を作り上げる学びが、学生たちをプロの整備士へと成長させます。


授業の様子

Point3.就職率(2013年3月卒業実績)

就職率 98.9パーセント

クラス担任とキャリアセンターによる万全のサポート体制により、学生1人ひとりの希望する就職を実現しています。自動車メーカーやOBを招いての講演会や学内企業説明会など、さまざまな就職ガイダンスも実施しています。


授業の様子

Point4.日本で唯一の大学編入型 1級自動車整備士養成課程

整備士資格の最高峰である1級自動車整備士を目指す学生には、愛知工科大学の機械システム工学科1級自動車整備士養成課程への3 年次編入学の道が用意されています。これにより、2年+2年の4年間で1 級自動車整備士資格と学士(工学)の学位を同時に取得することができます。


授業の様子

Point5.理論・技術×実務・実践をバランスよく学ぶ

自動車のすべてを学び、高度な整備知識と技術を修得するために、大学の理論・技術教育と専門学校の実務・実践教育をバランスよく取り入れたカリキュラムを構築。2年間という限られた時間で、カーエンジニアに必要な高度なスキルを修得します。


授業の様子

Point6.新時代に対応ハイブリッドカーの整備を学ぶ

ハイブリッドカーの普及にともない、整備士に求められる知識と技術の幅も広がりました。ハイブリッドシステムを学ぶ専門科目に加え、プリウスPHVやCR-Zなどの実習車両も導入。ハイブリッドカーの整備技術を学ぶ環境を整えています。


授業の様子

Point7.バイクからトラックまで、幅広い整備技術に対応

実習車両は、さまざまなメーカーの車両を導入し、メーカー独自のシステムについての理解を深めます。さらにバイクから乗用車、トラックまで、タイプの異なる整備技術を広く学ぶことで、どのメーカーでも整備士として活躍できる知識と技術を修得します


授業の様子

Point8.可能性を広げる多彩な選択科目

自動車メーカーへの就職に対応する機械工学系科目や電子制御技術を深く学ぶカーエレクトロニクスなど、将来の就職や興味にあわせた多彩な選択科目を用意しています。ほかにも、バイクの整備やレーシングカート、板金・塗装などの選択演習もあります。


授業の様子

Point9.最新機器を導入した自動車実習棟

2011年に完成した自動車棟には、測定機器がネットワーク化された検査ラインやさまざまなタイプのカーリフト、新しい実習工具などを多数導入。また、安全で快適な実習環境を提供するため、排ガスの屋外排出システムや冷暖房も完備しています。


授業の様子

Point10.資格取得への万全のバックアップ体制

整備士以外の資格取得にも積極的に取り組んでいます。試験対策講習やスマートフォンにも対応した資格試験対策オリジナルWebサイト「コーカくん」など、万全のバックアップ体制を整えています。


授業の様子

ページの先頭へ戻る

資料請求/各種資料、パンフレットの請求はこちらから
デジタルパンフレット