鈴木 規文

スズキノリフミ (Suzuki Norifumi)
自動車工業学科
助教

写真:鈴木 規文

最終学歴
産業能率大学 経営情報学部 経営情報学科
学位
学士(経営情報学)
職歴
平成元年4月 (株)ネッツ愛知サービス課自動車整備
平成4年4月 愛知技術短期大学自動車課 技術員
平成19年4月 愛知工科大学自動車短期大学自動車工業学科 助手
平成20年4月 愛知工科大学自動車短期大学自動車工業学科 助教
担当科目
自動車工学概論/就職対策講座/自動車工学実習I/自動車工学実習II
研究分野(専門分野)
自動車工学/2級自動車整備士養成
研究課題
実習教材開発と教育効果/安全教育と重量認識能力
受賞
なし
所属学会
日本工学教育協会
学会及び社会活動
なし
主な著書
・実験実習テキスト自動車工学実習II,共著,平成16年4月改訂,愛知工科大学自動車短期大学部,本書は学生用自動車整備技術書として、整備技術力を向上させる目的で執筆した。
主な学術論文
なし
その他:学会発表等
・自動車整備における測定技術教育(第1報 訓練用教材によるダイヤル・ゲージの教育効果),共著,平成27年9月,日本工学教育協会 平成27年度工学教育研究講演会講演論文集,pp.524-525.,学生の測定ミス低減のために,ダイヤル・ゲージの訓練用教材を製作し,その改善効果と測定技術の理解度を調査した。また測定ミスの主な原因について明らかにした。
・自動車整備教育における重量認識能力の発達過程を調査,共著,平成25年8月,日本工学教育協会.,学習者の重量認識能力がどのように形成され、発達していくのかを調査した。
・安全教育の視野に立った重量認識能力の調査,共著,平成23年9月,日本工学教育協会.,学習者の有する重量認識能力を調査し、その結果を安全教育に反映させる手法を検討した。
・動力伝達シミュレータ(手動式)の開発とその教育効果,共著,平成20年7月,自動車整備技術に関する研究報告誌.,動力伝達系の実習において、動力伝達シミュレータを製作し、これを提供することによっていかなる教育効果が表れるかを調査した。

ページの先頭へ戻る

資料請求/各種資料、パンフレットの請求はこちらから
デジタルパンフレット