愛知工科大学 工学部

情報メディア学科 板宮研究室

Lab. 情報メディア学科 板宮研究室

「仮想現実」が「現実」の未来をつなげていく 情報メディア学科「板宮研究室」

最新の映像技術を用いて、「仮想(バーチャル)」が「現実(リアル)」を助ける研究

板宮先生

板宮先生からの問題

VR という言葉、ご存知ですか?
さてこの「VR」とは、何の略でしょうか?
  • Victory Road

  • Value Revolution

  • Virtual Reality

正解は3 の「Virtual Reality」、つまり「人工現実感」という意味です。
VR とは、映像や音を組みあわせて人工の空間上に現実感を与える
技術のことを指します。また、セットでよく呼ばれるものとして
AR(Augmented Reality 拡張現実)という、現実上に人工の表示を重ねあわせ、現実を拡張するという技術もあります。
板宮研究室では、この「VR」「AR」といった技術を用いた研究を行っています。

バーチャルとリアルを融合した次世代技術!?

VR(バーチャルリアリティ:人工現実感)という技術を用いると、CG(コンピュータグラフィックス)などでつくられた人工の空間に自分が入り込み、リアルな疑似体験ができます。まるで、ゲームやSF映画の世界に自分が飛びこんだかのような体験ができます。
また、CGが現実の世界に重なって見える技術はAR(拡張現実)と呼ばれています。
近年、デバイスが大幅に安価かつ高機能化し、ソフトウェアも進歩したため、VRやAR技術がこれまで以上により身近なものになって来ました。今までは、大学などの研究機関や一部の企業でしか使われていなかった技術が、スマートフォンアプリやゲーム、広告・販促のツールなどさまざまな分野で活用され始めています。

私の研究室では、VRやARの技術を社会に応用する研究を行っています。
例えば、Oculus Rift(VRヘッドマウントディスプレイ)というデバイスを活用して、CGで再現した街で津波に襲われた際の疑似体験を可能にし、防災教育に活用しています。また、患者さんをMOVERIO(ARスマートグラス)というデバイスを通して見ると、CTやMRIから作成された患部が立体的な映像として確認でき、手術の際の安全性を高められます。この様に、単に新しいシステムを開発するだけではなく、社会に応用することを目標にしています。

Oculus Lift(VR グラス)

Oculus Rift(VRヘッドマウントディスプレイ)

MOVERIO(AR グラス)

MOVERIO(ARスマートグラス)

Oculus Rift(VRグラス)を顔に装着、板宮先生の目には、画面に表示されているバーチャルな世界が広がっている。

ARグラスを通して、プリントされたマーカーを見ると、リアルなCGが浮かび上がる。

安心・安全な社会への一助になる研究

以前から、津波などの大規模災害への対策システムや、医療分野の技術修得のための支援ツールなどの研究を行ってきました。
先日も、以前から開発と実証実験を進めている「津波等避難行動支援システム」が中日新聞にも取り上げられ、実際に津波が来た時、どの方向に避難すればよいのかをカーナビ、スマートフォンで確認できるシステムとして認知を広げております。
その研究の拡張として、本学のITS研究所と連携し、大型ドライビングシミュレータによる「自動車運転時の災害状況シミュレーション(※1)」なども開発を進めております。

※1 ドライビングシミュレータによる「自動車運転時の災害対策シミュレーション」

他にも、AR(拡張現実)を応用した手術ナビゲーションシステムの研究開発にも取り組んでいます。
患者さんをARスマートグラス越しに見ると、その患者さんの内部を精巧に表現したCGが透過表示され、血管位置や切除すべき患部の箇所を明確にし、手術の安全性を向上させます。特に、経験の少ない若手医師の技術向上に貢献できます。

防災分野では、災害時のリスク情報は紙による「ハザードマップ」が主流です。しかし、2次元の地図上の情報を瞬時に頭にイメージできる人はそう多くはありません。そこで、GPSによる位置情報や建物の形状を解析し、最適な避難ルートをARスマートグラス上で表示することにより直感的な理解を支援するなど、私たちの研究が大きなインパクトを与えるチャンスが多くあると考えています。
バーチャルとリアルを融合した技術を研究・開発し、安心・安全な社会の実現の一助となることを目指しています。

学生との新な試みと今後について

今、学生が行っている研究のひとつに、3DゲームエンジンUnityを用いて、「CG空間でキャラクターが踊る」というコンテンツの開発があります。
一見、単なるゲームの開発のように思えるかもしれませんが、この分野は研究を進めるほど、3DCGの知識から、物理演算のプログラム知識、リアル感を伝えるためのデザイン的な知識など、必要となる知識や技術が膨大になります。ツールを使いこなしてより高いレベルを実現するためには、それらの基礎知識が必要不可欠であることを実感します。そこで、より一層学習と研究へのモチベーションが高まる好循環が生まれることを期待しています。
このモチベーションを保ったまま、さまざまな知識・技術を修得し、実社会に応用できるシステムやコンテンツをつくり出せる学生を増やしていきたいと考えています。
その中で、新たな発見が生まれ、社会に大きなインパクトを与え、社会貢献につながるしくみの実現につながれば大変嬉しく思います。

気になった方は、まず資料請求しよう!

コンテンツサイトマップ -

PAGE TOP