愛知工科大学 工学部

開発中の超小型衛星の基本設計審査会を開催


2月23日(木)本学において超小型衛星AUTcubeの基本設計審査会を開催しました。本学では2018年の打ち上げを目指して1辺10センチの立方体衛星キューブサットを開発中です。開発を行ってきた学生5名が外部委員6名の前で衛星の設計内容について説明を行いました。今回の審査を終え、実際に衛星を組み立て、耐久性の評価を行う段階へと入ります。

  • 本審査会は、文部科学省平成27年度宇宙航空科学技術推進委託費による宇宙人材育成プログラム「持続的な超小型衛星開発・利用を可能にする国際宇宙人材の多型的な育成」の支援の下で行われました。

コンテンツサイトマップ -

PAGE TOP