愛知工科大学 工学部

実験・実習PICK UP

最新設備を活用した実習で最先端の融合技術をマスターする。

1年次は物理的現象や工学の知識、設計・加工技術を実践的にマスター。2年次からは学内でロボット競技会を開催し、発想力や製作スキルを磨きます。さらに、3年次からは電子制御とロボット工学のプロジェクト実習を通し、高度な融合技術を修得します。

機械システム設計製図[1・2]【2 年次:前期・後期】

モノづくりの基本は製図にあり。3D CADなら、可能性はさらに広がる。

部品や製品の設計・製造は、すべて図面を通して行われます。正しい図面が描けて、誤りなく図面を読むことができることは、モノづくりに携わる人にとっては必須の能力です。現在、多くの現場でCADの利用が進んでおり、2年3DのCAD操作を徹底的にトレーニング。最終的に3Dプリンタを使って立体モデルを製作します。ただし、いきなりCADを使うのではなく、1年次から2年次前期までは、スケッチやドラフタなどで手描きを繰り返すことで、平面を把握し、立体に表現することへの理解を深めます。製図の基礎がしっかり身についているかいないかで、CADの操作を覚えたあとの応用の広がりが大きく違ってきます。ドラフタ図面から2D CAD、2D CADから3D CADへ。ツールが高度になればなるほど、使う人の基礎力が問われてくるのです。



工学基礎実験[1・2]【1年次:前期・後期】


体験的に物理的現象や工学に対する興味と関心を高める。

工学の基礎となるさまざまな物理実験を行うことで、体験的に物理的現象や工学に対する興味と関心を高め、定量的な考え方と論理思考を身につけます。また、実験の取り組み方、報告書の作成方法など、実験・実習科目の基礎知識・技術を学びます。



機械基礎製図【1年次:後期】


正しい図面の描き方、読み方をしっかり学ぶ。

部品や製品の設計・製造は、すべて図面を基本にして行われています。そのため正しい図面が描け、誤りなく図面を読むことは非常に重要です。空間図面と平面図面の対応について理解し、JIS(日本工業規格)による製図の規則について学びます。



プロジェクト実習[1・2]【2 年次:前期・後期】


さまざまな実習メニューでモノづくりの喜びを実感。

ミニ・クランプ製作、ロボット製作、ガソリンエンジンの分解・組み立て、CAD/CAM実習を通して基礎技術を体験的に修得すると同時に、モノづくりの喜びを実感します。また、製作過程における安全作業の重要性も認識します。



プロジェクト実習[3・4]【3 年次:前期・後期】


実験・計測・評価・考察を行い、工学的アプローチ手法を身につける。

基礎実験によって学んだ測定方法、データの処理方法を踏まえて、メカトロ、内燃機関、振動、材料、排ガス、流体、切削などの実験を少人数のグループにわかれて行います。正しい計測手法や的確な評価、考察展開法を確実に修得します。



コンテンツサイトマップ -

PAGE TOP