愛知工科大学 工学部

実験・実習PICK UP

最新設備を活用した実習で最先端の融合技術をマスターする。

1年次は物理的現象や工学の知識、設計・加工技術を実践的にマスター。2年次からは学内でロボット競技会を開催し、発想力や製作スキルを磨きます。さらに、3年次からは電子制御とロボット工学のプロジェクト実習を通し、高度な融合技術を修得します。


工学基礎実験[1・2]【1年次:前期・後期】


体験的に物理的現象や工学に対する興味と関心を高める。

工学の基礎となる物理実験を行うことで、体験的に物理的現象や工学に対する興味と関心を高めます。実験計画書の作成や実験ノートの書き方、データの処理方法、報告書の書き方など、実験・実習の基礎を学びます。



プロジェクト実習[1・2]【2 年次:前期・後期】


「マインドストーム EV3」を使い、アイデアを“カタチ”にする技術を身につける。

ロボットの構造やセンサ類の使い方、プログラム方法などについて学び、アイデアを“カタチ”にするための技術を身につけます。1では車輪走行型、2では歩行型のロボットを製作し、競技会で競います。



プロジェクト実習[3・4]【3 年次:前期・後期】


電子制御システムへの理解をロボット製作を通して学ぶ。

リレーシーケンスやPLC(Programmable Logic Controller)を使い、順序立てて制御システムを学びます。さらにサーボモータやセンサを使用した競技ロボットの製作を行い、電子制御システムとロボットシステムについての理解を深めます。



CAD/CAM/CAE演習[1・2]【2 年次:後期/3 年次:前期】


C A Dを使った設計技術とC A Mを利用した加工技術を学ぶ。

2D CADと3D CADを段階的に学び、モノづくりに不可欠な設計図面作成の知識・技術を修得します。自分で描いた3Dモデルの組み立てシミュレーション、CAM装置を使った加工までを実践的に学びます。



-

PAGE TOP