愛知工科大学 工学部

機械システム工学科

モノづくりの基幹テクノロジーを 体系的に学ぶ。

モノづくりの基幹テクノロジーともいえる機械工学を、力、流れ、熱、 材料、加工などの基礎科学から、専門、応用へと段階的に学びます。 さらに実験・実習を多く取り入れた実践的カリキュラムにより、機械 設計、メカトロニクス、制御工学など、モノづくりの専門知識・技術を 楽しみながら修得します。機械のみならず、機械を使う人間を含めた トータルなシステムとしてとらえて学ぶことで、高度な機械設計、生産システムを創出するための理論を身につけます。高性能化、高速化、知能化など、インテリジェント化する機械に対応できる創造力と 実践力を兼ね備えたエンジニアを目指します。

機械システム工学科が望む学生像

自動車など便利な機械の設計開発や製造分野についての学習意欲と基礎学力のある人。機械の仕組みやメカニズムを観察したり動作原理を考えたりすることに興味があり、機械技術者に成長したい意欲のある人。将来、ものづくり分野で共同して作業するために必要な能力をバランスよく向上する意欲のある人、を望みます。

自立と夢の実現に向けて

機械システム工学科では、コンピューターを活用した機械の設計や製図技術であるCAD利用技術者資格、より高性能で便利な機械を設計する技術である機械設計技術者資格試験を推奨し、目標や目的を明確にし、勉学意欲を高める指導をしています。本学には、最新のCAD装置も完備していています。それを利用した教育効果もあり、本学科の学生が最近3年連続で、CAD利用技術者試験1級試験で、大学・短大・高専部門において最も優秀な成績を修め、CAD利用技術者センターより表彰される活躍をしています。機械システム工学の専門科目の学習によって、初めて自分の適性に気付き、大きく成長できた例は少なくありません。その他にも、機械システム工学分野には多くの専門分野の科目があり、それらの学習によって、社会で役立つ技術や考え方を身につけることができます。社会での仕事は一人ではできません。多数の人々との協力や協調性も必要です。また専門力を高めるために仕事を分業して行うこともあります。そんな時には、コミュニケーション能力も不可欠です。自分一人ではなく、多くの人々と作業をするのに必要な能力も大学で身につけられるようにグループ学習も取り入れた授業を行います。また、サークル活動も活発で、野球部、ヨット部やテニス同好会のほかに、専門に関連したエンジン制御研究同好会などのサークルもあります。これらの活動で、多くの人との協調性も養えるとともに、より楽しい大学生活を過ごせることができるでしょう。

将来の進路

本学の機械システム工学科の卒業生は、広いものづくり分野で活躍しています。一般機械(火力発電、水力発電、風力発電装置や機器など)、工作機械(旋盤、ボール盤、フライス盤、研削盤など)、自動機械(溶接ロボットなど)、生産設備や工場施設(各種プラントなど)の設計製造。交通機械(自動車、航空機、船舶、電車,新幹線など)やその部品の設計製造、電気・電子・情報機器(パソコン、テレビ、冷蔵庫、洗濯機、掃除機、カメラ、時計、顕微鏡、プロジェクター、プリンター、コピー機、ミシンなど)の設計製造。空調(冷暖房)システムの設計製造。医療・福祉機械(超音波診断装置、視力検査装置、電動車いすなど)の製造。機械材料(鉄鋼材料,非鉄金属材料,プラスチック材料など)の素材製造、など広いものづくりの設計や製造分野などで活躍しています。


コンテンツサイトマップ -

PAGE TOP