愛知工科大学 工学部

エンジン工学・制御工学

エンジン工学・制御工学自動車用エンジンの究極の燃焼効率を求めて

自動車用エンジンのCO2排出を削減することが重要な課題であるのは、だれにも異論のないところでしょう。ハイブリッドやEVなどのエネルギー変換も進んでいますが、まずはガソリンエンジンを理想の燃焼に近づけていくことが重要です。そのための有望な燃焼方式が、HCCI (Homogeneous-Charge Compression Ignition:予混合圧縮着火)。ガソリンエンジンの燃焼は、点火プラグから外側へ広がっていくのに対して、HCCIの燃焼は、混合気のなかに均質に混ざりあった燃料がそれぞれの場所でほぼ同時多発的に燃焼するので、少ない燃料で高い出力を得ることができます。学生たちと一緒に、運転条件が変化しても確実にHCCI燃焼させるための制御システムの確立を目指しています。


  • HCCI燃焼エンジンの試作も行っています。製作にあたっては、1級自動車整備士課程の学生の協力を仰ぎました。さまざまな分野の専門的な技術・知見が集まっているのがAUTの強味です。


梶谷満信教授


専門分野

制御工学/内燃機関工学

経歴

日産自動車(株)/ダイハツ工業(株)

メッセージ

大切なことは、「一歩ずつ階段を昇る目標を持って、自身で解決して達成すること」です。
学生諸君、一緒に成長しよう。


コンテンツサイトマップ -

PAGE TOP