愛知工科大学 工学部

材料力学・強度設計

自動車の衝突安全性を高めるための基礎研究

自動車の衝突時の材料の変形は、広い変形速度域あるいは荷重速度域(正確には、広いひずみ速度域)にわたっています。本学に設置している最新の試験機、検力ブロック式高速材料試験機や加速式衝撃圧縮試験機を使って、いろいろな衝突速度に対応した材料実験を行い、その実験データを解析しています。
衝突部分が適度に変形して乗員の安全が守られる自動車の衝突安全設計、自動車に組み込まれている衝撃吸収体の設計、各種機械の強さ設計や数値シミュレーションに必要となる機械材料の動的変形や強さなども調べています。



  • 衝撃力を小さくし、乗員の衝突安全設計に役立てるための基礎として、最新の衝撃圧縮試験装置によって行った実験後の試験片です。


  • 静的から動的・衝撃的な荷重下における機械材料の強さや伸びを調べることができる、最新の検力ブロック式高速材料試験機です。

山本照美教授


専門分野

材料力学/弾性力学

経歴

神奈川大学/愛知技術短期大学(現:愛知工科大学自動車短期大学)

メッセージ

本学科では、広い分野での「ものづくり」に役立つ、機械設計技術者に必要な基礎を学習します。自分の興味を持ったことに集中して努力していると、機械システム工学の学習や研究が、楽しくなってきます。いろいろな機械が正常に作動するように、機械のしくみ、機械図面の描き方、強度設計などを学習しましょう。


コンテンツサイトマップ -

PAGE TOP