愛知工科大学 工学部

音声情報処理

実環境でのより自然な音声対話システムの研究

音声認識技術はコンピュータの能力の高まりとともに、身近なところで応用されるようになりました。しかし、自然な会話を理解するにはほど遠いのが現状です。そこで、より現実的な環境で人と機械の会話を収録し、基礎的研究を行いつつ、音声認識および音声対話での精度向上を研究中です。現在、学内での情報案内を対象とし、楽しく会話ができるような対話システム「ダイくん」を作成し、検討をしています。また、より学内で便利に使えるよう、スマートフォンで使えるような対話システムも開発中です。さらに音に関連するものとして、動きにあわせて音が変わるアプリなども検討しています。


image01

  • 歩くと音が鳴り、体の向きを変えると音の高さが変わる、体の動きで音が変わる楽器アプリです。

image02

  • 本学ホール棟1階での実験の様子です。通りかかった学生や教員に使ってもらい、性能向上に役立てています。

音声を認識し対話を行うロボットの動画


音声を認識し対話を行うロボット
「ダイくん」



音声による簡単な質問文に画面表示と合成音声で答えます。
(例)ユーザ:「食堂の場所は」 ダイ:「4号館1階にあります」


音声を認識し対話を行うロボット
「うんちくモード付き」



音声対話システムですが、ときどき勝手にうんちくを語ります。


實廣貴敏准教授


専門分野

音声情報処理

経歴

NTT(ヒューマンインタフェース研究所)/ATR(音声言語コミュニケーション研究所、知識科学研究所)

メッセージ

大学では自主的に行動することで多くのことを得ることができます。無為に過ごさず、さまざまなことに挑戦しましょう。


コンテンツサイトマップ -

PAGE TOP