愛知工科大学 工学部

奨学金制度

入学前

選抜奨学金制度

選抜奨学金試験(一般入学試験・前期)の結果において、成績・人物ともに優秀な者(本学の定める基準点以上の者)に奨学金を給付します。

給付金額
300,000円(入学金納入額)
給付人数
各学科5名
(学科試験の結果によリ、各学科の成績上位5名/本学の定める基準点以上)
選考方法
学科試験(一般入学試婆前期の学科試験問題)の成績により選考します。
【B日程】のみを選考の対象とします。
<学科試験科目>
(1)必須科目:数学
(2)選択科目:国語、外国語(英語)、理科(物理)、理科(科学)から2科目選択
応募資格
(1)一般入学試験・前期での受験者(自動的にエントリー)
(2)2015年12月までのAO・推薦入学試験などで合格し、入学手続きをした者で選抜奨学金試験受験者。※ 大学は【B日程」のみを選考の対象とします。
応募期間・試験地・結果発表
一般入学試験・前期と同じ日程・場所
応募書類
選抜奨学金制度専用のエントリーシート、受験票・受験票控
給付資格
選抜奨学金試験の結果により選抜された者で、所定の手続きを経て2012年4月に本学へ入学した者
給付方法
入学式後10日以内に所定の手続きをし、給付資格を確認後に給付します。

大学入試センター利用奨学金制度

大学入試センター試験において、本学が入学選考に利用する科目のうち、いずれか1科目が70点以上の者全員に奨学金を給付します。

給付金額
720,000円(入学金・1年次前期授業料納入額)
給付人数
対象者全員(選考利用科目のうち、いずれか1科目が70点以上の者全員)
選考方法
平成28年度大学入試センター試験のうち、本学が示す下記科目において、いずれか1科目の成績により選考します。
■選考利用科目
数学(数学I、数学I.数学A、数学Ⅱ、数Ⅱ・数学B、情報関係基礎から1科目)
国語(近代以降の文章古典、漢文は除く)
外国語(英語)リスニングを除く)
公民(現代社会)
理科(物理基礎、化学基礎、生物基礎、地学基礎のうち、物理基礎、または化学基礎を含む2科目。あるいは、物理、化学から1科目)
※外国語(英語)は筆記試験200点を100点に換算(リスニングは選考対象としません。)
応募資格
(1)大学入試センター利用入学試験・前期/中期/後期での受験者(自動的にエントリー)
(2)2015年12月までのAO・推薦入学試験などで合格し、入学手続きをした者で、平成28年度大学入試センター試験受験者
応募期間・結果発表
大学入試センター利用入学試験・前期/中期/後期と同じ日程
※応募資格(2)の者は前期日程のみ
応募書類
大学入試センター利用奨学金制度専用の工ントリーシート、応募書類受理票・受理票控
給付資格
応募者のうち、本学の入学試験に合格した者で、選考利用科目の“いずれか1科目が70点以上”の者
※応募者の成績は、本学が利用する科目のみ大学入試センターに請求し、確認します。
給付方法
給付方法は応募資格の(1)、(2)により異なる。
応募資格(1) 合格通知書に同封される学納金納付書より、給付金額を差し引きします。
応募資格(2) 入学式後10日以内に所定の手続きをし、給付資格を確認後に給付します。

指定校推薦入試特別奨学金制度

指定校推薦入学試験の合格者のうち、全体の評定平均値が3.6以上の者は入学金を免除します。

免除金額
300,000円(入学金納入額)
給付人数
対象者全員
※選抜奨学金制度、ファミリー奨学制度との併用はできない。
大学入試セン ター利用奨学金制度との併用はできますが、給付金額は入学金(納入額)を差し引いた金額(1年次前期授業料納入額)となります。

女子特別推薦入試奨学金制度

工学に強い関心を持つ女子生徒で、女子特別推薦入学試験での合格者は入学金を免除します。

免除金額
300,000円(入学金納入額)
給付人数
対象者全員
※選抜奨学金制度、ファミリー奨学金制度との併用はできません。
大学入試センター利用奨学金制度との併用はできますが、給付金額は入学金(納入額)を差し引いた金額(1年次前期授業料納入額)となります。

入学後

フアミリー奨学制度

本学卒業生の子弟、及び在学生の兄弟・姉妹が入学された場合に奨学金を給付します。
※本学とは愛知エ科大学、愛知エ科大学大学院、愛知工科大学自動車短期大学、短期大学の旧名称、愛知エ科大学短期大学部、愛知技術短期大学を含む。

給付金額
300,000円(入学金納入額)
給付対象者
本学卒業生の子弟、及び在学生の兄弟・姉妹全員
※選抜奨学金制度、大学入試センター利用奨学金制度、指定校推薦入試特別奨学金制度
 女子特別推薦入試奨学金制度との併用はできません。

教育ローン利子補給奨学金制度

金融機関の教育(学資)ローンから融資を受けている在学生で、下記の要件を満たしている者は審査のうえ、学納金に対する1年間に支払った利子相当額を本学が補給します。

利子補給の基礎金額
教育(学資)ローンにより融資を受けた金額のうち、当該年度に納付する学納金を上限とする。ただし、留年により在学期間が4年を超える者の学納金は対象となりません。
※1年間(毎年)に補給する利子
当該年度に給付する学納金の支払いのために融資を 受けた教育(学資)ローン金利のうち5.5パーセントを上限として本学が計算した額となる。 ただし、5.5%を上回る融資にあっては、その不足分は保護者などの負担となります。
利子補給対象者
学生の保護者などが金融機関の教育(学資)ローンから融資を受けている者。ただし、日本学生支援機構奨学生、本学の授業料免除学生となった者、または、ほかの機関などから奨学金を受けている者は対象となりません。

学修奨学金制度

本学における学業成績が極めて優秀で、人物も優れている者に対して、3年進級時の学費の一部を奨学金として給付します。

給付金額
100,000円
給付人数
各クラス1名

恒学基金奨学制度

本学在学生で、進級時に学業継続の意志が強固で学費の支弁が困難な者を対象に奨学金を貸与します。

貸与金額
1年に300,000円、600,000円、900,000円から選択
※原則的に学納金を超えない金額
返済方法
卒業後、6カ月を経過した翌月から起算して、貸与期間の2倍の期間内に返済 (無利子)

コンテンツサイトマップ -

PAGE TOP