愛知工科大学 工学部

江口 朗子

江口 朗子 Eguchi Akiko


  • 所属:基礎教育
  • 職名:教授
  • 最終学歴:名古屋大学大学院 国際開発研究科国際コミュニケーション専攻
  • 学位:博士(学術)(名古屋大学)
  • 職歴:2000年 子ども向け英会話教室個人事業(~2016年3月), 2003年 刈谷市立東刈谷小学校 非常勤講師(~2014年), 2011年 金城学院大学 非常勤講師(2012年3月), 2011年 愛知大学 非常勤講師(~2012年3月), 2013年 名古屋大学大学院国際開発研究科 リサーチアシスタント(~2014年3月), 2014年 愛知工科大学 非常勤嘱託講師, 2015年9月 名古屋芸術大学大学院 人間発達学研究科 非常勤講師, 2015年9月 愛知工科大学 基礎教育 准教授, 2016年4月 愛知工科大学 基礎教育 教授
  • 所属学会:大学英語教育学会,外国語教育メディア学会,言語科学会,全国英語教育学会,中部地区英語教育学会,小学校英語教育学会,日本児童英語教育学会,愛知教育大学英語英文学会
  • 学会および社会活動:2012年 第38回全国英語教育学会愛知研究大会 実行委員, 2016年 Journal of Child Language 査読, 2016年 The 16th International Symposium of Processability Approaches to Language Acquisition (PALA) Organising Committee, 2017年 Language Education & Technology 査読
  • 受賞: 2016年・2017年 愛知工科大学 べストレクチャラー賞(学内表彰)/2016年 外国語教育メディア学会 論文賞(Language Education & Technology,52 掲載論文)

写真:江口 朗子

教育・研究テーマ


  • 担当科目:基礎英語1・2/基礎英語Ⅲ/基礎英語導入演習/英語リーディング/TOEIC初級
  • 研究課題:第二言語の文法発達/コミュニケーションタスクと言語産出/言語習得と作動記憶の関連性/コロケーション処理と産出

主な学術論文


  • Eguchi, A. (2016). The relationship between L2 listening comprehension and phonological short-term memory with a focus on sentential knowledge. Language Education & Technology, 52. 77-103.
  • Eguchi, A., & Sugiura, M. (2015). Applicability of processability theory to Japanese adolescent EFL learners: A case study of early L2 syntactic and morphological development. System: An International Journal of Educational Technology and Applied Linguistics, 52, 115–126. doi:10.1016/j.system.2015.05.005
  • Eguchi, A., & Sugiura, M. (2015). Reconsideration of the group score method in accuracy order studies of grammatical morphemes for Japanese EFL learners. ARELE: Annual Review of English Language Education in Japan, 26, 157–172.
  • 江口朗子 (2014). 日本人EFL学習者のスピーキングにおける統語発達の分析― 処理可能性理論の限界とその克服の試み―. JACET中部支部紀要 第12号23–41.
  • Eguchi, A. (2012). The role of teacher talk adjustment in EFL classrooms in Japanese elementary schools. ARELE: Annual Review of English Language Education in Japan, 23,1–16.
  • Eguchi, A. (2011). Inside elementary foreign language classrooms: The influence of teachers’ pedagogical beliefs. CLARITAS (愛知教育大学英語英文学会研究紀要), 22, 22–47.
  • 江口朗子(2011).小学校外国語活動における教師の発話分析 ―『英語ノート』の『指導資料』との比較から―. 中部地区英語教育学会紀要 第40号105–112.

国際会議論文

  • Eguchi, A. (2017). Acquisition of English plural -s by Japanese-speaking children: A cross-sectional study. The 19th Annual International Conference of Japanese Society for Language Sciences, Handbook, 40-43.
  • Eguchi, A., & Sugiura, M. (2017). L2 processing demand and learners’ cognitive capacity: An exploratory study using a keystroke logging system. The 19th Annual International Conference of Japanese Society for Language Sciences, Handbook, 170-171.
  • Eguchi, A., & Sugiura, M. (2017). The acquisition process of canonical word order and adverb-fronting in young Japanese EFL learners. In M. Hirakawa, J. Matthews, K. Otaki, N. Snape & M. Umeda (Eds), Proceedings of PacSLRF2016, 47-52.
  • Eguchi, A., & Sugiura, M. (2016). The interrogative development in young Japanese EFL learners: A cross-sectional study from a processability perspective. The 18th Annual International Conference of Japanese Society for Language Sciences, Handbook, 130-133.
  • Eguchi, A., & Sugiura, M.(2015). L2 negation development in young Japanese EFL learners: A cross-sectional study. The 17th Annual International Conference of Japanese Society for Language Sciences, Handbook 66-69.
  • 江口朗子・杉浦正利 (2014). 日本人EFL学習者の統語発達の分析ー処理可能性理論の限界とその克服の試みー The 16th Annual International Conference of Japanese Society for Language Sciences, Handbook, 177-178.
  • 江口朗子・杉浦正利 (2013). 処理可能性理論に基づいた日本人中学生の発話データの分析. The 15th Annual International Conference of Japanese Society for Language Sciences, Handbook, 135-136.

その他

学会発表等

国際学会発表

  • Eguchi, A. (2017). Acquisition of English plural -s by Japanese-speaking children: A cross-sectional study. The 19th Annual International Conference of Japanese Society for Language Sciences.
  • Eguchi, A., & Sugiura, M. (2017). L2 processing demand and learners’ cognitive capacity: An exploratory study using a keystroke logging system. The 19th Annual International Conference of Japanese Society for Language Sciences.
  • Eguchi, A., & Sugiura, M. (2016). The acquisition process of canonical word order and adverb-fronting in young Japanese EFL learners. Pacific Second Language Research Forum (PacSLRF) 2016.
  • Eguchi, A. (2016). English L2 constructions in wh-questions: The role of formulae and the lexicon in early syntactic development. 16th International Symposium of Processability Approaches to Language Acquisition (PALA).
  • Eguchi, A., & Sugiura, M. (2016). The interrogative development in young Japanese EFL learners: A cross-sectional study from a processability perspective. The 18th Annual International Conference of the Japanese Society for Language Sciences.
  • Eguchi, A., & Sugiura, M. (2015). L2 negation development in young Japanese EFL learners: A cross-sectional study. The 17th Annual International Conference of the Japanese Society for Language Sciences.
  • Sugiura, M., Abe, D., & Eguchi, A. (2014). How to extract multi-word expressions as production units: a comparative study of pause threshold formulae for SLA research. Conceptual Structure, Discourse, and Language. The 12th Conference. Santa Barbara, USA.
  • 江口朗子・杉浦正利 (2014).「日本人EFL学習者の統語発達の分析― 処理可能性理論の限界とその克服の試み―」言語科学会 第16回年次国際大会.
  • Eguchi, A. & Sugiura, M. (2014). Can L2 learners attain the same sensitivity to collocations as L1 speakers? American Association for Applied Linguistics, Annual Conference. Portland, USA.
  • 江口朗子・杉浦正利 (2013).「処理可能性理論に基づいた日本人中学生の英語発話データの分析」言語科学会 第15回年次国際大会.

国内学会発表

  • 江口朗子・田村祐 (2017).「タスク性の高いコミュニケーション活動の導入による発話の流暢さの発達-英語が苦手な大学生を対象とした実践報告-」第47回中部地区英語教育学会長野大会.
  • 江口朗子 (2015). 「英語コミュニケーションタスクにおけるタスク条件が小学生の主観的困難さと言語産出の流暢さ・複雑さに与える影響」第15回小学校英語教育学会広島大会.
  • 江口朗子 (2014). 「初級英語学習者のスピーキングにおける定型表現について―処理可能性理論に基づく疑問文産出能力の発達分析―」ことばの科学会オープンフォーラム2014. 第5回年次大会.
  • 杉浦正利・江口朗子・阿部大輔 (2014). 「キーストローク記録プログラムを使ったライティングプロセスの観察データに基づく三単現-sの産出プロセスに影響を与える要因と自動化に関する考察」第40回全国英語教育学会徳島研究大会.
  • Eguchi, A. (2014). The relationship between L2 listening proficiency and L1/L2 phonological short-term memory in Japanese EFL learners. The 83rd Japan Association for Language Education and Technology Chubu Chapter Conference.
  • 江口朗子 (2014).「コミュニカティブ・タスクにおけるEFL学習者の疑問文の発達-処理可能性理論に基づいて-」中部地区英語教育学会 愛知地区研究大会.
  • 江口朗子 (2012).「文法形態素の習得順序の分析方法に関する考察―学習者コーパスを利用して―」第38回全国英語教育学会愛知研究大会. 他

招待講演

  • 江口朗子 (2017). 「第二言語のリスニング能力と音韻的作動記憶との関連性 -課題・実験デザインの立案から,データ収集・分析,論文執筆に至るまで-」外国語教育メディア学会第89回春季中部支部研究大会.(2016 年度 LET 学会賞受賞記念講演)
  • 江口朗子 (2016). 「外国語学習における文知識の役割」蒲郡ロータリークラブ例会

競争的研究資金

  • 日本学術振興会: 科学研究費 基盤研究(C)「平均連続認知語数を指標とした音韻的作動記憶容量と英語リスニング力の関係について」 2017年4月 - 2020年3月 代表者: 村尾玲美 (研究分担者: 江口朗子)
  • 日本学術振興会 科学研究費補助金 基盤研究(C) 「小中学生の英語コミュニケーション活動における文産出能力の発達プロセスの解明」2016年4月-2019年3月 研究代表: 江口朗子
  • 日本学術振興会 科学研究費補助金 奨励研究 「英語入門期におけるコミュニケーション活動が子どもの言語発達に果たす役割」 2015年4月-2016年3月 研究代表: 江口朗子
  • 公益財団法人豊秋奨学会 「英語が使える日本人育成のための文法習得過程に関する基礎的研究」 2012年11月-2014年10月 研究代表: 杉浦正利(共同研究者:江口朗子)

コンテンツサイトマップ -

PAGE TOP