愛知工科大学 工学部

舘山 武史

舘山 武史 Tateyama Takeshi


  • 所属:工学部 電子制御・ロボット工学科
  • 職名:教授
  • 最終学歴:東京都立大学大学院工学研究科機械工学専攻
  • 学位:博士(工学) (東京都立大学)
  • 職歴:1998年 4月~1999年3月 株式会社日立製作所 電子デバイス事業部 生産技術部/2000年10月~2005年3月 東京都立大学大学院工学研究科 助手/2005年 4月~2013年3月 首都大学東京大学院システムデザイン研究科 助教/2006年 4月~2010年3月 東京都立産業技術高等専門学校機械工学コース 非常勤講師(兼任)/2010年10月~2012年3月 産業技術総合研究所サービス工学研究センター 外来研究員(兼任)/2012年 4月~2013年3月 東京都市大学工学部機械工学科 非常勤講師(兼任)/2013年 4月~2016年3月 愛知工科大学工学部 電子制御・ロボット工学科 准教授/2016年 4月~ 愛知工科大学工学部 電子制御・ロボット工学科 教授
  • 所属学会:電気学会/計測自動制御学会/日本機械学会/日本ロボット学会/人工知能学会/精密工学会
  • 学会及び社会活動:電気学会 大規模・複雑システムを対象とした機械学習応用技術協同研究委員会 委員長(2014.10~)/電気学会 サービス指向システムの最適化・効率化のための機械学習技術協同研究委員会 委員長(2012.4~2014.3)/計測自動制御学会システム・情報部門 知能工学部会 幹事(2015.4~)/電気学会 エージェントとの共創的な相互作用のモデル化に向けた機械学習技術協同研究委員会 委員(2016.4~)/計測自動制御学会 会誌出版委員会 委員(2015.4~)/日本ロボット学会2013年度学術講演会運営委員会委員(2011~2013)/CIRP Conference on Industrial Product Service Systems (IPS2) 2012 Organizing Committee(2011~2012)/2012 Asian Conference on Design and Digital Engineering (ACDDE2012) Organizing Committee(2011~2012)/2011年度 日本機械学会設計工学・システム部門運営会委員(2011.4~2012.3)/Designシンポジウム2012 若手WG 委員(2011~2012)/電気学会 実応用を指向する機械学習技術調査専門委員会委員(2011.4~2012.3)/2012年精密工学会春季大会実行委員会委員(2011.4~2012.3)/Designシンポジウム2010若手WG 委員(2009~2010) ほか
  • 受賞:第21回日本機械学会 設計工学・システム部門講演会 優秀講演表彰(2012)/MOVIC2006(The 8th International Conference on Motion and Vibration Control) 招待論文賞(2006)/(学内表彰)愛知工科大学2014年度ベストレクチャラー賞(2014)

写真:舘山 武史

教育・研究テーマ


  • 担当科目:人工知能/機械学習特論/ロボット機械設計/メカトロニクス/物理学/三河産業論/工学セミナー/プロジェクト実習Ⅱ・Ⅳ/修学形成1/キャリア形成1/修学形成Ⅱ・Ⅲ/キャリア形成と職業Ⅱ・Ⅲ/卒業研究
  • 研究分野(専門分野):知能ロボット/機械学習/離散・連続混合システム
  • 研究課題:機械学習のロボット・情報システムなどへの応用/機械学習アルゴリズムの改良/離散・連続混合システムのシミュレーション/サービスシステムのシミュレーションなど

主な学術論文

学術論文(査読あり)


  • Tateyama, T. Tateno and S. Kawata: A Scheduling Support System for Large-scale Facilities Using Reinforcement Learning in Consideration of Skill Educations and Working Conditions, Journal of Advanced Mechanical Design, Systems, and Manufacturing (JAMDSM), Vol. 8, No. 5 p. JAMDSM0069, 2014.
  • 舘山武史,御子柴怜志,渡辺健太郎,千葉龍介,下村芳樹,川田誠一: 場面遷移ネットに基づくサービスのマルチアスペクトモデリング手法. 日本機械学会論文集C編, Vol.79, No.798, pp.p.418-428, 2013.
  • Y. Shimomura, K. Kimita, T. Tateyama, F. Akasaka and Y. Nemoto: A method for human resource evaluation to realize high-quality PSSs. CIRP Annals -Manufacturing Technology, Vol. 62/1, (ISSN 1660-2773), pp. 471-474, 2013.
  • K. Kimita, T. Tateyama and Y. Shimomura: Process Simulation Method for Product-Service Systems Design. Procedia CIRP, Vol. 3, (ISSN: 2212-8271), pp. 489-494, 2012.
  • K. Watanabe, S. Mikoshiba, T. Tateyama and Y. Shimomura: Service Process Simulation for Integrated Service Evaluation. Journal of Intelligent Manufacturing, Special issue on: Service Computing and Service Oriented Enterprise Systems in Design, Manufacturing and Supply Chain, Springer, Vol. 22, No. X, (ISSN 0956-5515 (Print) 1572-8145 (Online)), 2011.
  • T. Tateyama, T. Tateno and K. Shimizu: Dynamic Work Planning by Using Simulation-based Optimization in Consideration of Workers' Skill and Training, Journal of Advanced Mechanical Design, Systems, and Manufacturing (Special issue on Advanced Production Scheduling), Vol.4, No.3, pp.597-604, 2010.
  • T. Tateyama, S. Kawata and Y. Shimomura: Construction of Semi-Markov Decision Processes Models of Continuous State Space Environments Using Growing Cell Structures and Multiagent k-Certainty Exploration Method, Journal of Advanced Computational Intelligence & Intelligent Informatics, Vol.13, No.5, pp.608-614, 2009.
  • 舘山武史, 木見田康治, 下村芳樹, 川田誠一: 価値関数モデルを用いたサービスの設計・評価のための顧客意思決定シミュレーション手法. 日本機械学会論文集C編, Vol. 75, No. 756, pp.2120-2127, 2009.
  • T. Tateyama, H.Chin, S.Kawata and Y.Shimomura: Development and Improvement of Scene Transition Nets(STN) GUI Simulator for Discrete-continuous Hybrid Systems, International Journal of CAD/CAM, Vol.8, No.1, pp.55-62, (ISSN 1598-1800), 2008.
  • 舘山武史, 川田誠一, 下村芳樹: 探索エージェントを導入した学習経験を共有するマルチエージェント強化学習システムの提案. 日本機械学会論文集C編, Vol. 74, No. 739, pp. 692-701, 2008.
  • 舘山武史, 川田誠一: k -確実探査法とFuzzy-ARTを用いた連続状態環境のセミマルコフ決定過程モデル構築手法の提案, 日本機械学会論文集 71巻 703号 C編, pp.896-911, 2005.
  • 舘山武史, 川田誠一, 小口俊樹: 自己組織化マップを用いた教示による強化学習の高速化手法の提案, 日本機械学会論文集 70巻 694号 C編, pp.1722-1729, 2004.
  • T. Tateyama, S.Kawata and T.Oguchi:A Teaching Method by Using Self-Organizing Map for Reinforcement Learning, Artificial Life And Robotics, Vol.7, pp.193-197, 2004.
  • T. Tateyama, S.Kawata and H.Ohta: Self-Organizing Map for Group Technology Oriented Plant Layout Planning, IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences, Vol.E86-A, No.11, 2003.
  • 舘山武史, 川田誠一: k -確実探査法と動的計画法を用いたMDPs環境の効率的探索法, 人工知能学会論文誌, Vol.16, No.1, pp.20-27, 2001.

単行本収録論文(査読あり)

  • T. Tateyama, K. Kimita, K. Watanabe, R. Chiba, Y. Shimomura and S. Kawata: A Service Flow Simulation Method using Multi-aspect Scene Transition Nets (STNs) Modeling. In Philosopher's Stone for Sustainability, Y. Shimomura and K. Kimita (Eds.), Springer, pp. 297-302, ISBN-978-3-642-32846-6, 2012.
  • K. Takahashi, A. Sugiyama, Y. Shimomura, T. Tateyama, R. Chiba, M. Yoshioka and H. Takeda: Web-based knowledge database construction method for supporting design. In Practical Aspects of Knowledge Management, 7th international Conference, PAKM 2008 Yokohama, Japan, November 2008 Proceedings, Takahira Yamaguchi(Eds.), Springer, pp.173-184, ISBN-3540894469, 2008.

国際学会発表論文(採録審査あり)

  • K. Kimita, Y. Kurita, K. Watanabe, T. Tateyama and Y. Shimomura: Service Simulation Method for Managing Uncertainty. In Proceedings of HCI International 2013, pp. 569-578, Las Vegas, USA, 2013.
  • T. Tateyama, K. Kimita, K. Watanabe, R. Chiba, Y. Shimomura and S. Kawata: A Service Flow Simulation Method using Multi-aspect Scene Transition Nets (STNs) Modeling. In Proceedings of CIRP, IPS2 Conference 2012, pp. 297-302, CIRP, Tokyo, Japan, 2012.
  • T. Tateyama, S. Mikoshiba, K. Kimita, K. Watanabe, R. Chiba, Y. Shimomura and S. Kawata: A Multi-aspect Modeling Method for Service Flow Simulation Using Scene Transition Nets (STNs). In Proceedings of the 2012 International Design Engineering Technical Conference - IDETC2012 -, CD-ROM, The American Society for Mechanical Engineering (ASME), Chicago, U.S.A., 2012.
  • K. Kimita, T. Tateyama and Y. Shimomura: Process Simulation Method for Product-Service Systems Design. In Proceedings of the 45th CIRP Conference on Manufacturing Systems, CIRP, pp. 555-560, CD-ROM. Athens, Greece, 2012.
  • T. Tateyama, S. Kawata, Y. Shimomura, K. Watanabe and R. Chiba: Scene Transition Nets Simulator for Multi-aspect Modeling of Discrete-continuous Hybrid Systems, In Proceedings of 8th International Conference on Informatics in Control, Automation and Robotics (ICINCO 2011), Vol.2, pp.467-474, Noordwijkerhout, The Netherlands, 2011.
  • T. Tateyama, T. Tateno and S. Kawata: Dynamic Work Planning Using Reinforcement Learning in Consideration of Workers' Skill and Training, In Proceedings of International Symposium on Scheduling 2011, pp.75-80, 2011.
  • K. Watanabe, S. Mikoshiba, T. Tateyama, K. Kimita and Y. Shimomura: Service Design Methodology for Cooperative Services. In Proceedings of the 2011 International Design Engineering Technical Conference - IDETC2011 -, CD-ROM, The American Society for Mechanical Engineering (ASME), Washington DC, U.S.A., 2011.
  • R. Chiba, F. Akasaka, T. Tateyama, K. Watanabe and Y. Shimomura: Contents Parameter Design using Multi-Objective Particle Swarm Optimization for Service Improvement. In Proceedings of the 44th CIRP Conference on Manufacturing Systems, CIRP, CD-ROM. Madison, U.S.A., 2011.
  • T. Tateyama, Y. Shimomura, S. Mikoshiba and S. Kawata: Service Flow Simulator using Scene Transition Nets (STN) including Satisfaction-Attribute Value Functions. In Proceedings of the 15th Design for Manufacturing and the Lifecycle Conference - DFMLC2010 -, CD-ROM, The American Society for Mechanical Engineering (ASME), Montreal, Canada, 2010.
  • T. Tateyama, S. Mikoshiba, Y. Shimomura and S. Kawata: Multi-agent Service Flow Simulation Using Scene Transition Nets Based on Service Engineering. In Proceedings of The 7th International Conference on Service Systems and Service Management (ICSSSM'10), CD- ROM, pp.489-494, Tokyo, Japan, 2010.
  • R. Chiba, F. Akasaka, Y. Shimomura, T. Tateyama and T. Arai: Contents Quality Design Considering Corporate Resource with Service Engineering. In Proceeding of the 11th International Design Conference, Dubrovnik, Croatia, pp. 173-182, 2010.
  • T. Tateyama, Y. Shimomura and S. Kawata: Development of Scene Transition Nets (STN) GUI Simulator for Service Flow Simulation. In Proceedings of the 17th International Conference on Engineering Design -ICED09-, CD-ROM, pp.337-346, Stanford, USA, 2009.
  • T. Tateyama, T. Tateno and K. Shimizu: Dynamic Work Planning by Using Simulation-based Optimization in Consideration of Workers' Skill and Training, In Proceedings of International Symposium on Scheduling 2009, pp.48-51, Nagoya, Aichi, Japan, 2009.
  • K. Watanabe, K. Kimita, T. Tateyama and Y. Shimomura: Requirement Negotiation for Feasible Service Development. In Proceedings of the 17th International Conference on Engineering Design -ICED09-, CD-ROM, pp. 595-606, Stanford, USA, 2009.
  • T. Tateyama, H. Chin, S. Kawata and Y. Shimomura: Development and Improvement of Scene Transition Nets(STN) GUI Simulator for Discrete-continuous Hybrid Systems. In Proceedings of the 4th China-Korea Joint Conference on Geometric and Visual Computing & IJCC Workshop (CKJC2008 & IJCC Workshop), Hefei, China, pp.140-143, 2008.
  • T. Tateyama, S. Kawata and Y. Shimomura: Service Flow Simulation Using Reinforcement Learning Models and Scene Transition Nets. In Proceedings of International Conference on Instrumentation, Control and Information Technology 2008 (SICE Annual Conference 2008), Tokyo, Japan, pp. 2056-2061, CD-ROM, 2008.
  • K. Takahashi, A. Sugiyama, Y. Shimomura, T. Tateyama, R. Chiba, M. Yoshioka and H. Takeda: Web-based knowledge database construction method for supporting design. In Proceedings of the 10th International Conference on Information Integration and Web-based Applications and Services, pp. 575-578, Linz, Austria, 2008.
  • T. Tateyama, S. Kawata and Y. Shimomura: Parallel Reinforcement Learning Systems Using Exploration Agents and Dyna-Q Algorithm. In Proceedings of International Conference on Instrumentation, Control and Information Technology 2007 (SICE Annual Conference 2007), Kagawa, Japan, pp. 2774-2778, CD-ROM, 2007.
  • T. Tateyama, S. Kawata and Y. Shimomura: Parallel Reinforcement Learning Systems including Exploration-oriented Agents. In Proceedings of Joint 3rd International Conference on Soft Computing and Intelligent Systems and 7th International Symposium on advanced Intelligent Systems (SCIS & ISIS 2006), pp. 1471-1475, Tokyo, Japan, 2006.
  • T. Tateyama, S. Kawata and Y. Shimomura: A Reinforcement Learning Algorithm for Continuous StateSpaces Using Multiple Fuzzy-ART Networks. In Proceedings of SICE-ICASE International Joint Conference 2006, pp. 2445-2550, Busan, Korea, 2006.
  • T. Tateyama and S.Kawata: A State Space Construction Algorithm using Multiple Fuzzy-ART Networks for Reinforcement Learning Systems, Proceedings of The 8th International Conference on Motion and Vibration Control(MOVIC2006), 2006. (* Invited Paper)
  • T. Tateyama, S.Kawata, N.Murayama and et al.: Resoruce Layout Planning with Grouping Function, Proceedings of IMS NGMS II International Symposium and 7th Technical Conference, 2003.
  • T. Tateyama, S.Kawata and T.Oguchi: A teaching method by using self-organizing map for reinforcement learning, Proceedings of The seventh international symposium on artificial life and robotics (AROB 7th '02) for information technology, Vol.1, pp.191-194, 2002.
  • N.Okahara, T. Tateyama, S.Kawata and T.Oguchi: Evolutionary Reinforcement Learning for Pursuit Game, Proceedings of The seventh international symposium on artificial life and robotics (AROB 7th '02) for information technology, Vol.1, pp.187-190, 2002.

その他

国際ワークショップ(採択審査あり)

  • T. Tateyama, S. Mikoshiba, R. Chiba, K. Watanabe, Y. Shimomura and S. Kawata: A Simulation Tool for Service Visualization and Service Evaluation. In Proceedings of the 10th Japan Korea Workshop on CAD/CAM -Design Engineering Workshop-, pp. 135-138, Jeju, Korea, 2010.
  • T. Tateyama, Y.Shimomura and S.Kawata: Multi-Agent Service Flow Simulation Using Scene Transition Nets. In Proceedings of the 9th Japan Korea Workshop on CAD/CAM -Design Engineering Workshop-, pp. 57-61, Okinawa, 2009.
  • T. Tateyama, S. Kawata and Y. Shimomura: Development of Scene Transition Net(STN) GUI Simulator for Discrete-Continuous Hybrid Systems. In Proceedings of the 7th Japan Korea Workshop on CAD/CAM -Design Engineering Workshop-, pp.82-87, Tokyo, 2007.

大学紀要(査読付)

  • 川田誠一, 舘山武史, 下村芳樹: 場面遷移ネットを用いたサービスの離散・連続ハイブリッドモデリングとマルチエージェントシミュレーション. 平成21年度産業技術大学院大学紀要, 産業技術大学院大学, No.3, pp.51-57, 2010.
  • 川田誠一, 舘山武史, 下村芳樹, 新井民生, 梅田靖, 久保田直行: 場面遷移ネットGUI シミュレータによるマルチエージェントサービスフローシミュレーション. 平成20年度産業技術大学院大学紀要, 産業技術大学院大学, No. 2, pp.101-108, 2008.

解説記事

  • 舘山武史: マシンラーニングの発展と応用 (特集 ここまできたマシンラーニング : 医療からアミューズメントまで), 電気学会誌, Vol.133, No.6, pp.340-343, 2013.

研究報告

  • 舘山武史: 遺伝アルゴリズムを用いた、作業者の技能と教育を考慮したスケジューリング支援システム, 電気学会技術報告第1273号 機械学習技術の基礎と応用 実応用を指向する機械学習技術調査専門委員会編, pp.38-42, 2013.
  • 舘山武史, 淺川玲, 川口博之, 下村芳樹, 川田誠一: ニューラルネットワークを用いたサービス工学のための顧客価値予測法の提案, 平成21年度首都大学東京システムデザインフォーラム, 首都大学東京大学院システムデザイン研究科, 2009.

国内会議発表

  • 舘山武史: 組織学習と状況のクラスタリングを導入した状況変化に適応可能なマルチエージェント強化学習システム, 電気学会研究会資料, Vol. ST-16-001-007, pp.15-20, 2016.3.
  • 舘山武史: (ポスター講演)組織学習の概念を導入した適応的マルチエージェント強化学習システム, 計測自動制御学会システム・情報部門学術講演会2015(SICE SSI 2015), CD-ROM, 2015.11.
  • 舘山武史: 組織学習の概念を導入した適応的マルチエージェント強化学習システム, 平成27年電気学会電子・情報・システム部門大会,CD-ROM, 2015.8.
  • 舘山武史: 大規模・複雑システムの最適化・効率化を実現するための機械学習技術に関する研究, 電気学会研究会資料, Vol. ST-15-23-24, pp.13-18, 2015.6.
  • 鈴木博之, 舘山武史: 自己組織化マップとマルチエージェント知識共有を用いた強化学習の高速化, 日本設計工学会東海支部平成26年度研究発表講演会講演論文集, pp.95-96, 2015. 3.
  • 舘山武史: 場面遷移ネットシミュレータを用いた離散・連続混合システムのマルチアスペクトモデリング, 電気学会研究会資料, Vol. ST-15-001-009, pp.1-6, 2015.3.
  • 舘山武史: 離散・連続混合システムの最適化のための場面遷移ネットシミュレーションシステムの開発, 電気学会研究会資料, Vol. ST-14-026~034, 2014.
  • 舘山武史, 舘野寿丈, 川田誠一: (ポスター講演)技能教育を考慮する強化学習を用いた大規模施設作業スケジューリング支援システム, 計測自動制御学会システム・情報部門学術講演会2014(SICE SSI 2014), CD-ROM, 2014.
  • 舘山武史: 場面遷移ネットと機械学習を用いた離散・連続混合システムのシミュレーションと最適化, 平成26年電気学会電子・情報・システム部門大会,CD-ROM, 2014.
  • 舘山武史: (研究会用サーベイ論文) 場面遷移ネットを用いた大規模システムのシミュレーションと最適化,電気学会研究会資料,Vol.ST-14-009~011・013~017,pp.5-10, 2014.
  • 舘山武史,舘野寿丈,川田誠一: 離散・連続混合システムモデルを用いた、技能教育を考慮した大規模施設作業のスケジューリング支援システム, 電気学会研究会資料, ST-13, Vol.116-124, pp.1-6, 2013.
  • 舘山武史,舘野寿丈,川田誠一: 大規模施設の現場状況と作業者技能・教育を考慮した動的スケジューリング支援システム, 第23回インテリジェント・システム・シンポジウム講演論文集(CD-ROM), 2013.
  • 舘山武史,舘野寿丈,川田誠一: 技能教育と多種多様な現場の状況変動を考慮した,機械学習を用いた大規模施設作業スケジューリング支援システム, 電気学会研究会資料, ST-13, Vol.018-028, pp.13-18, 2013.
  • 舘山武史,舘野寿丈,川田誠一: 技能教育と現場の状況変動を考慮した,強化学習法を用いたスケジューリング支援システム, 電気学会研究会資料, ST-12, Vol.11-20, pp.1-6, 2012.
  • 舘山武史,舘野寿丈,川田誠一: 現場作業者の技能教育と現場の状況変動を考慮した動的スケジューリング支援システム,平成24年電気学会電子・情報・システム部門大会,CD-ROM, 2012.
  • 舘山武史, 川田誠一, 下村芳樹, 渡辺健太郎, 千葉龍介: マルチアスペクトモデリングを可能とする場面遷移ネットシミュレータの開発, 計測自動制御学会/システム・情報部門/離散事象システム部会第49回離散事象システム研究会講演論文集, pp.33-38, 2011.
  • 舘山武史,舘野寿丈,川田誠一: 作業者の技能と教育を考慮した動的スケジューリング支援システム- 強化学習法を用いたディスパッチングルール抽出 -, 平成23年電気学会電子・情報・システム部門大会,CD-ROM, 2011.
  • 舘山武史, 御子柴怜志, 渡辺健太郎, 千葉龍介, 下村芳樹, 川田誠一: 場面遷移ネットに基づくサービスのマルチアスペクトモデリング手法. 日本機械学会第21回設計工学・システム部門講演会講演論文集, No. 11-23, pp. 91-96, 2011.
  • 舘山武史,舘野寿丈,川田誠一: 機械学習法を用いた作業者の技能と教育を考慮したスケジューリング支援システム, 電気学会研究会(システム研究会 ST-11-025~032・034~035)資料, pp.51-56, 2011.
  • 御子柴怜志, 木見田康治, 舘山武史, 下村芳樹: 顧客行動に起因するサービス故障を考慮したサービスプロセスシミュレータ, 2011年度精密工学会秋季大会学術講演会講演論文集, CD-ROM, pp. 83-84, 2011.
  • 太田航介, 御子柴怜志, 木見田康治, 舘山武史, 下村芳樹: サービス設計のための不確実性分析手法. 日本機械学会第21回設計工学・システム部門講演会講演論文集, No. 11-23, pp. 97-100, 2011.
  • 御子柴怜志, 太田航介, 木見田康治, 舘山武史, 下村芳樹: 不確実要素を考慮したサービスコストシミュレーション手法. 日本機械学会第21回設計工学・システム部門講演会講演論文集, No. 11-23, pp. 101-105, 2011.
  • 御子柴怜志, 太田航介, 木見田康治, 舘山武史, 下村芳樹: サービスにおける異質性を考慮したサービスコストシミュレーション手法, 2012年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集, CD-ROM, 2012.
  • 太田航介, 御子柴怜志, 木見田康治, 舘山武史, 下村芳樹: サービスシナリオプランニングのための環境変動要因抽出手法, 2012年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集, CD-ROM, 2012.
  • 進藤淳哉, 木見田康治, 舘山武史, 下村芳樹: サービスプロセスシミュレーションのためのサービス挙動モデル, 2012年度精密工学会春季大会学術講演会第20回「精密工学会学生会員卒業研究発表講演会」論文集, CD-ROM, 2012.
  • 舘山武史,舘野寿丈,川田誠一: 作業者の技能と教育を考慮した動的スケジューリング支援システム - 遺伝アルゴリズムを用いたディスパッチングルール抽出 -, 平成22年電気学会 電子・情報・システム部門大会, 2010.
  • 舘山武史, 御子柴怜志, 渡辺健太郎, 千葉龍介, 下村芳樹, 川田誠一: サービスの視覚化と評価のためのサービスフロー・シミュレータの開発. Designシンポジウム2010講演論文集(USB), 産業技術大学院大学, 東京, 2010.
  • 御子柴怜志, 中島正貴, 渡辺健太郎, 舘山武史, 下村芳樹: 不確定要素を考慮したサービス品質評価シミュレーション, 2011年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集, CD-ROM, in-printing, 2010.
  • 川口博之, 赤坂文弥, 舘山武史, 下村芳樹: 設備構成要素のリユースを考慮したモジュール化による大規模施設保全手法, 2011年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集, CD-ROM, in-printing, 2010.
  • 千葉龍介, 赤坂文弥, 舘山武史, 渡辺健太郎, 下村芳樹: サービス工学における多目的最適化によるコンテンツパラメータ設計. Designシンポジウム2010講演論文集(USB), 産業技術大学院大学, 東京, 2010.
  • 渡辺健太郎, 太田航介, 御子柴怜志, 舘山武史, 下村芳樹: 統合サービス評価フレームワークに基づくサービス評価. Designシンポジウム2010講演論文集, CD-ROM, 産業技術大学院大学, 東京, 2010.
  • 川口博之, 赤坂文弥, 舘山武史, 下村芳樹: 遺伝アルゴリズムを用いた設備構成要素のモジュール化による大規模施設保全計画, 2010年度精密工学会秋季大会学術講演会講演論文集, CD-ROM, pp. 591-592, 2010.
  • 御子柴怜志, 沖和弘, 渡辺健太郎, 舘山武史, 下村芳樹: サービス工学に基づくサービスCADシステムの構築(第91報) -サービスブループリントに基づくサービスシミュレーション手法, 2010年度精密工学会秋季大会学術講演会講演論文集, CD-ROM, pp. 597-598, 2010.
  • 御子柴怜志, 中島正貴, 渡辺健太郎, 舘山武史, 下村芳樹: サービスブループリントに基づくサービスシミュレーション手法. 日本機械学会第20回設計工学・システム部門講演会講演論文集, No. 10-27, pp. 348-353, 2010.
  • 舘山武史, 秦理貴, 川田誠一, 下村芳樹: 組織論に基づく適応的マルチエージェント強化学習システム, 計測自動制御学会第37回知能システムシンポジウム資料, pp.87-92, 2010.
  • 舘山武史, 川田誠一, 下村芳樹: 場面遷移ネットを用いたサービスの離散・連続ハイブリッドモデリングとシミュレーション, 計測自動制御学会/システム・情報部門学術講演会講演論文集, pp.151-154, 2009.
  • 舘山武史, 川田誠一, 下村芳樹, 新井民夫, 梅田靖, 久保田直行: 場面遷移ネットを用いたサービスのマルチエージェントシミュレーション. 日本機械学会第19回設計工学・システム部門講演会講演論文集, No. 09-6, pp. 192-197, 2009.
  • 舘山武史, 下村芳樹, 川田誠一, 新井民夫: サービス工学に基づくサービスCADシステムの構築(第76報) -場面遷移ネットを用いたマルチエージェントシミュレーションによるサービス評価手法の提案, 2009年度精密工学会秋季大会学術講演会講演論文集, CD-ROM, pp. 549-550, 2009.
  • 御子柴怜志,中島正貴,舘山武史,下村芳樹,川田 誠一,新井民夫: 異質性を考慮したサービス・シミュレーション手法, 2010年度精密工学会春季大会学術講演会第17回「精密工学会学生会員卒業研究発表講演会」論文集, CD-ROM, 2010.
  • 千葉 龍介, 赤坂 文弥, 舘山武史, 下村芳樹: サービス改善のための企業リソースを考慮したコンテンツパラメータ設計. 日本機械学会第19回設計工学・システム部門講演会講演論文集, No. 09-6, pp. 568-571, 2009.
  • 川口博之, 木見田康治, 舘山武史, 下村芳樹: サービス設計支援のためのニューラルネットワークを用いたサービス評価手法. 2009年度人工知能学会全国大会講演論文集, CD-ROM, サンポートホール高松, 香川, 2009.
  • 舘山武史, 木見田康治, 下村芳樹, 川田誠一: 価値関数モデルを用いたサービスの設計・評価のための顧客意思決定シミュレーション手法. 日本機械学会第18回設計工学・システム部門講演会講演論文集, No. 08-2, pp. 167-172, 2008.
  • 舘山武史, 川田誠一, 下村芳樹: 場面遷移ネットと強化学習モデルを用いたサービス設計のための顧客意思決定シミュレーション手法の提案. 2008年度人工知能学会全国大会講演論文集, CD-ROM, 旭川ときわ市民会館, 北海道, 2008.
  • 舘山武史, 陳浩, 川田誠一, 下村芳樹: 離散・連続ハイブリッドシミュレーションのための場面遷移ネットGUIシミュレータの改良(第2報), 計測自動制御学会/システム・情報部門/離散事象システム部会第43回離散事象システム研究会講演論文集, pp. 49-54, 2008.
  • 淺川玲, 舘山武史, 木見田康治, 下村芳樹: サービス設計支援のための計算可能なペルソナモデルを用いたサービス評価予測システム, 2009年度精密工学会春季大会学術講演会第16回「精密工学会学生会員卒業研究発表講演会」論文集, pp. 69-70, CD-ROM, 2009.
  • 高橋潔考, 杉山明紀, 下村芳樹, 舘山武史, 千葉龍介, 吉岡真治, 武田英明: Universal Abduction Studioの開発(第18報) -Web情報を用いた設計知識獲得手法の実装と検証-, 2009年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集, CD-ROM, pp. 209-210, 2009.
  • 中島正貴, 舘山武史, 下村芳樹, 川田誠一, 新井民夫: サービス工学に基づくサービスCADシステムの構築(第68報) -ワークフローパターンに基づくサービスプロセスシミュレーションのための場面遷移ネットの拡張-, 2009年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集, CD-ROM, pp. 221-222, 2009.
  • 成井達哉, 舘山武史, 千葉龍介, 下村芳樹, 川田誠一: サービス工学に基づくサービスCADシステムの構築(第64報) -マルチエージェント・シミュレーションと目標計画法を用いたサービス設計値決定支援システム-, 2009年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集, CD-ROM, pp. 219-220, 2009.
  • 成井達哉, 舘山武史, 下村芳樹, 川田誠一: サービス設計のための目標計画法に基づく設計値決定支援システム. 日本機械学会第18回設計工学・システム部門講演会講演論文集, No. 08-2, pp. 299-304, 2008.
  • 高橋潔考, 下村芳樹, 舘山武史, 吉岡真治, 武田英明: Web情報を用いた設計知識情報データベースの拡充手法. 日本機械学会第18回設計工学・システム部門講演会講演論文集, No. 08-2, pp. 305-309, 2008.
  • 高橋潔考, 杉山明紀, 下村芳樹, 舘山武史, 千葉龍介, 武田英明, 吉岡真治: Universal Abduction Studioの開発(第16報) -Web情報を用いた設計知識データベースの拡充手法-, 2008年度精密工学会秋季大会学術講演会講演論文集, CD-ROM, 2008.
  • 成井達哉, 舘山武史, 千葉龍介, 下村芳樹, 川田誠一: サービス工学に基づくサービスCADシステムの構築(第59報) -設計値決定支援機能を有するサービスフローシミュレータ-, 2008年度精密工学会秋季大会学術講演会講演論文集, CD-ROM, 2008.
  • 成井達哉, 下村芳樹, 舘山武史, 川田誠一: サービス設計の効率化のための設計値決定支援システム. 2008年度人工知能学会全国大会講演論文集, CD-ROM, 旭川ときわ市民会館, 北海道, 2008. ほか

招待講演

  • (社)人間生活工学研究センター(HQL) 第3回サービス工学研究会 招待講演 「場面遷移ネットを用いたサービスフローシミュレーション」,産業技術総合研究所臨界副都心センター, 2010.
  • 平成17年度 静岡理工科大学公開講座「自然界の生き物から学ぶロボット開発-生き物に学ぶロボットの知能化」(ロボコンマガジンNo.42, pp.106-107, 2005. に紹介記事)

競争的資金獲得状況

  • 文部科学省 科学研究費補助金(基盤研究(C))、「場面遷移ネットを用いた大規模産業システムのモデル化・評価手法」、H28.4~H31.3 (研究代表者)
  • 文部科学省 科学研究費補助金(若手研究(B))、「技能教育と現場状況の変動を考慮した大規模施設作業スケジューリング支援システム」、H24.4~H26.3 (研究代表者)
  • 公益財団法人日本生産性本部 平成22年度生産性研究助成、「効果的なサービス最適設計ループの実現のための、離散・連続ハイブリッドシミュレーションによるサービス評価手法」、H23.4~H24 (研究代表者)
  • 文部科学省 科学研究費補助金(基盤研究(B))、「サービス品質の変動要因を考慮する高品質サービスの設計支援環境に関する研究」、H26.4~H28.3 (研究分担者)
  • 経済産業省 サービス産業生産性協議会 サービスイノベーションを通じた生産性向上に関する支援事業(サービス工学適用事例開発分野)、「顧客満足度データに基づいて最適人材を選定する手法の開発による人材派遣サービスの高品質化」、H21 (研究分担者)
  • 文部科学省 科学研究費補助金(基盤研究(B)(1))、「サービス評価をするために連続数理表現を導入したサービス設計支援システム」、H19-20 (研究分担者)

コンテンツサイトマップ -

PAGE TOP