愛知工科大学 工学部

田川 和義

田川 和義 Tagawa Kazuyoshi


  • 所属:工学部 情報メディア学科
  • 職名:准教授
  • 最終学歴:岐阜大学大学院 工学研究科 電子情報システム工学専攻 博士後期課程 修了
  • 学位:博士(工学)
  • 職歴:平成10年10月 岐阜大学 工学部 応用化学科・非常勤講師(~平成13年3月)/平成16年1月 東京大学 インテリジェント モデリング ラボラトリー 研究機関研究員(~平成18年11月)/平成16年10月 首都大学東京 システム情報デザイン学部 非常勤講師(~平成18年3月)/平成18年11月 東京大学大学院 情報理工学系研究科 特任助手(~平成19年3月)/平成19年4月 東京大学大学院 情報理工学系研究科 特任助教(法令改正による称号変更)(~平成20年3月)/平成20年4月 東京大学 IRT研究機構 特任助教(改組による所属名変更)(~平成21年3月)/平成21年4月 立命館大学 立命館グローバルイノベーション研究機構 ポストドクトラルフェロー(~平成25年3月)/平成25年4月 立命館大学 立命館グローバルイノベーション研究機構 准教授(任期制)(~平成29年3月)/平成29年4月 愛知工科大学 工学部 情報メディア学科 准教授
  • 所属学会:日本バーチャルリアリティ学会/電子情報通信学会/IEEE/ヒューマンインタフェース学会/情報処理学会会/日本シミュレーション医療教育学会/日本VR医学会/日本生体医工学会/日本計算工学会/日本コンピュータ外科学会/看護理工学会/計測自動制御学会/電気学会
  • 学会および社会活動:平成28年 7月~(現在) 電気学会 知・技の伝承と複合現実型実応用協同研究委員会・委員. / 平成28年 6月~(現在) 日本バーチャルリアリティ学会 力触覚の提示と計算研究会・委員. / 平成27年 6月 第3回看護理工学会学術集会プログラム委員. / 平成24年11月~(現在) 超臨場感コミュニケーション産学官フォーラム(URCF)特別会員. / 平成21年 4月~平成25年3月 日本バーチャルリアリティ学会・Newsletter編集委員. / 平成20年 7月 Member of Technical Committee of IEEE Haptics.
  • 受賞:平成24年10月 Best Poster Award: “An Adaptive and Embedded Deformation Model for Haptic Interaction with Inhomogeneous Elastic Objects”, Machine Perception and Robotics 2012. / 平成23年 3月 学術奨励賞:「異仕様計算機で構成された多地点遠隔触覚協働環境における柔軟物変形操作のための同期手法」,日本バーチャルリアリティ学会. / 平成22年10月 Best Poster Award: “Efficient detachment simulation using online re-mesh models of adaptive rectangular tetrahedral volume mesh”, Machine Perception and Robotics 2010.
  • 主な著書:日本シミュレーション学会 編, 「リモートシミュレーション技術と可視化」, コロナ社; シミュレーション辞典; ISBN:978-4-339-02458-6, 全452頁(担当:pp.23), Feb. 2012. / K. Tagawa, K. Hirota, "Manipulation of Dynamically Deformable Object Using Impulse-Based Approach", InTech; Advances in Haptics; ISBN: 978-953-307-093-3, 全722頁(担当:Chapter 16, pp.315-332), Apr. 2010.

教育・研究テーマ


  • 担当科目:AUT教育入門/基礎コンピュータ概論1, 2/IoTモノづくり入門/基礎数学導入/アプリ開発演習/アプリ開発プロジェクト/地域振興プログラム/情報セミナー/卒業研究
  • 研究分野:バーチャルリアリティ/ヒューマンインタフェース/超臨場感コミュニケーション/高性能計算/医用システム
  • 研究課題:ネットワーク型手術訓練システムの研究開発/臓器異形バリエーションのモデリング/軟組織・布地の実時間変形モデル/実対象物の計測に基づく動的変形特性の記録と再生/多視点ディスプレイ

主な学術論文

査読付き学術論文


  • 田川和義, 小森 優, 近江奈帆子, 田中弘美, 来見良誠: 多様なVR術野構築のための漿膜・結合組織のT型分岐構造モデリング, 日本VR医学会論文誌, Vol.14, No.1, pp.1-8 (2016)
  • 田川和義, 山田隆洋, 田中弘美: オンラインリメッシュ型回転抽出と変形計算による共回転系変形シミュレーションの高速化, 電子情報通信学会論文誌, Vol.J99-D, No.9, pp.959-968 (2016)
  • T. Marutani, T. Kato, K. Tagawa, H. T. Tanaka, M. Komori, Y. Kurumi, S. Morikawa: Active and Passive Haptic Training Approaches in VR Laparoscopic Surgery Training, Stud Health Technol Inform, Vol.220, pp.215-218, (2016)
  • K. Tagawa, H. T. Tanaka, Y. Kurumi, M. Komori, S. Morikawa: Evaluation of Network-Based Minimally Invasive VR Surgery Simulator, Stud Health Technol Inform, Vol.220, pp.403-406 (2016)
  • T. Kato, K. Tagawa, H. T. Tanaka, Y. Kurumi, M. Komori, S. Morikawa: Evaluation of Haptic Teaching Approaches for Laparoscopic Surgery Training, Stud Health Technol Inform, Vol.196, pp.192-196 (2014)
  • 広田光一, 田川和義: 計測にもとづく弾性変形モデルの構築, 日本バーチャルリアリティ学会論文誌, Vol.18, No.2, pp.171-180 (2013)
  • 田川和義, 田中弘美, 来見良誠, 小森 優, 森川茂廣: 臓器異型バリエーションの構成的多重解像度モデリング, 電子情報通信学会論文誌, Vol.J96-D, No.5, pp.1365-1373 (2013)
  • 田川和義, 中川智史, 田中弘美: 直方四面体ベース・オンラインリメッシュ型非線形有限要素モデルによる効率的な変形・剥離シミュレーション, 日本バーチャルリアリティ学会論文誌, Vol.18, No.1, pp.73-80 (2013)
  • K. Tagawa, H. T. Tanaka, Y. Kurumi, M. Komori, S. Morikawa: A Laparoscopic Surgery Simulator Using First Person View and Guidance Force, Stud Health Technol Inform, Vol.184, pp.431-435 (2013)
  • 田川和義, 田中弘美, 小森 優, 来見良誠, 森川茂廣: 一人称視点映像と誘導力提示による腹腔鏡下手術手技のVR訓練システム; 日本VR医学会論文誌, Vol.10, No.1, pp.11-18 (2012)
  • 田川和義, 藤井健史, 山口 哲, 田中弘美: 力覚提示を伴う高品質な穿刺シミュレーションのためのマルチレート・オンラインリメッシュ法, 日本VR医学会論文誌, Vol.9, No.1, pp.7-16 (2011)
  • 田川和義, 佐々木康行, 田中弘美: オンラインリメッシュ型変形計算のGPUによる高速化と大規模仮想柔軟物体との力覚インタラクション, 日本バーチャルリアリティ学会論文誌, Vol.16, No.3, pp.479-487 (2011)
  • K. Tagawa, T. Bito, H. T. Tanaka: A Method of Synchronization for Haptic Collaborative Virtual Environments in Multipoint and Multi-level Computer Performance Systems, Stud Health Technol Inform, Vol.163, pp.638-644 (2011)
  • K. Tagawa, H. T. Tanaka: A Hybrid Dynamic Deformation Model for Surgery Simulation; Stud Health Technol Inform, Vol.163, pp.645-649 (2011)
  • 田川和義, 広田光一, 廣瀬通孝: 力覚インタラクションのための動的変形モデル, 電子情報通信学会論文誌, Vol.J90-D, No.9, pp.2615-2623 (2007)
  • 田川和義, 林 宏卓, 木島竜吾: 布挙動のシミュレーションと真空実験による評価, 日本バーチャルリアリティ学会論文誌, Vol.8, No.3, pp.263-269 (2003)

査読付き国際会議論文

  • S. Fujioka, T. Uchiyama, K. Tagawa, K. Hirota, T. Nojima, K. Akahane, M. Sato: Object Manipulation by Hand with Force Feedback, Proc. AhiaHaptics (Springer; Lecture Notes in Electrical Engineering), Kashiwa, Japan (2016)
  • R. Kuriki, K. Tagawa, H. T. Tanaka: A Fast Update Approach of a Stiffness Matrix for a Multi-Rate Finite Element Deformation Simulation, Proc. AhiaHaptics (Springer; Lecture Notes in Electrical Engineering), Kashiwa, Japan (2016)
  • T. Marutani, T. Kato, K. Tagawa, H. T. Tanaka, M. Komori, Y. Kurumi, S. Morikawa: Active and Passive Haptic Training Approaches in VR Laparoscopic Surgery Training, Proc. Medicine Meets Virtual Reality, pp.CD, Los Angeles, USA (2016)
  • K. Tagawa, H. T. Tanaka, Y. Kurumi, M. Komori, S. Morikawa: Evaluation of Network-Based Minimally Invasive VR Surgery Simulator, Proc. Medicine Meets Virtual Reality, pp.CD, Los Angeles, USA (2016)
  • K. Hirota, K. Tagawa: Interaction with Virtual Objects using Deformable Hand, Proc. IEEE Virtual Reality, pp.49-56, Greenville, USA(2016)
  • K. Tagawa, H. T. Tanaka, M. Komori, Y. Kurumi, S. Morikawa: Remote and Low Cost VR Surgery Simulator, Proc. IEEE Virtual Reality, pp.49-56, Greenville, USA(2016)
  • K. Tagawa, T. Yamada, H. T. Tanaka: A Study on Corotated Deformation Model for Simulating Soft Tissue in Large Deformation, Proc. InMed (Springer; Smart Innovation, Systems and Technologies, SIST 45), pp.333-343, Kyoto, Japan (2015)
  • R. Xu, A. Sugiyama, K. Hasegawa, K. Tagawa, S. Tanaka, H. T. Tanaka: Remote Transparent Visualization of Surface-Volume Fused Data to support Network-Based Laparoscopic Surgery Simulation, Proc. InMed (Springer; Smart Innovation, Systems and Technologies, SIST 45), pp.333-343, Kyoto, Japan (2015)
  • K. Tagawa, N. Omi, H. T. Tanaka, M. Komori, Y. Kurumi, S. Morikawa: Expression of Anomalous Surgical Fields in a Laparoscopic Cholecystectomy Simulator, International Journal of Computer Assisted Radiology and Surgery, Vol.9, Suppl.1, pp.S66-S67, Barcelona, Spain (2015)
  • T. Marutani, T. Kato, K. Tagawa, H. T. Tanaka, M. Komori, Y. Kurumi, S. Morikawa: Evaluation of Active and Passive Training with Haptic Device for Laparoscopic Surgery, International Journal of Computer Assisted Radiology and Surgery, Vol.9, Suppl.1, pp.S267-S268, Barcelona, Spain (2015)
  • R. Xu, A. Sugiyama, K. Hasegawa, K. Tagawa, S. Tanaka, H. T. Tanaka: Multi-Locational Fused Visualization Based on Stochastic Point Based Rendering Methods for a Network-Based Laparoscopic Surgery Simulator, International Journal of Computer Assisted Radiology and Surgery, Vol.9, Suppl.1, pp.S272-S273, Barcelona, Spain (2015)
  • M.-C. C. Dy, K. Tagawa, H. T. Tanaka, M. Komori: Collision Detection and Modeling of Rigid and Deformable Objects in Laparoscopic Simulator, Proc. SPIE Medical Imaging, Vol.9415, pp.76, Orlando, USA (2015)
  • M.-C. C. Dy, K. Tagawa, H. T. Tanaka, M. Komori: Method in Collision Detection and Interaction between Rigid Surgical Tools and Deformable Organs, Proc. ACM SIGGRAPH Asia, pp.CD, Shenzhen, China (2014)
  • M.-C. C. Dy, K. Tagawa, H. T. Tanaka, M. Komori: Hierarchical Examination of Colliding Points between Rigid and Deformable Objects, Proc. AsiaHaptics (Springer, Lecture Notes in Electrical Engineering; Haptic Interaction, Perception, Devices and Applications), Vol.277, pp.219-223, Nov. 2014, Tsukuba, Japan (2014)
  • K. Hirota, Y. Ujitoko, K. Kiriyama, K. Tagawa: Object Manipulation by Deformable Object, Proc. AsiaHaptics (Springer, Lecture Notes in Electrical Engineering; Haptic Interaction, Perception, Devices and Applications), Vol.277, pp.145-148, Tsukuba, Japan (2014)
  • R. Kuriki, K. Tagawa, H. T. Tanaka: A Surgery Simulator Using an Optimized Space and Time Adaptive Deformation Simulation on GPU, Proc. AsiaHaptics (Springer, Lecture Notes in Electrical Engineering; Haptic Interaction, Perception, Devices and Applications), Vol.277, pp.145-148, Tsukuba, Japan (2014)
  • T. Marutani, K. Tagawa, H. T. Tanaka, M. Komori, Y. Kurumi, Shigehiro Morikawa: A Study on Recognizing Surgical Process for Analyzing Training Logs in VR Laparoscopic Cholecystectomy Training, International Journal of Computer Assisted Radiology and Surgery, Vol.8, Suppl.1, pp.S121, Fukuoka, Japan (2014)
  • K. Tagawa, N. Omi, H. T. Tanaka, M. Komori, Y. Kurumi, S. Morikawa: Expression of Anomalies of Cystohepatic Duct and Artery with Ligament Using Modular Structured Organ Model in a Laparoscopic Surgery Simulator, International Journal of Computer Assisted Radiology and Surgery, Vol.8, Suppl.1, pp.S339-S340, Fukuoka, Japan (2014)
  • T. Marutani, K. Tagawa, N. Shimada, H. T. Tanaka, Y. Kurumi, M. Komori, S. Morikawa: An Analysis of Expert's Hand Movements based on Surgical Process model in Laparoscopic Surgery Training; Proc. Workshop on Computer Vision Frontiers of Computer Vision 2014, pp.CD, Okinawa, Japan (2014)
  • R. Kuriki, K. Tagawa, H. T. Tanaka: Optimization of Space and Time Adaptive Deformation Simulation on GPU, Proc. Workshop on Machine Perception and Robotics, pp.CD, Beijing, China (2014)
  • K. Tagawa, T. Yamada, H. T. Tanaka: A Rectangular Tetrahedral Adaptive Mesh Based Corotational Deformation Model for Interactive Soft Tissue Simulation, Proc. IEEE Int. Conf. on Engineering in Medicine and Biology, pp.7164-7167, Osaka, Japan (2013)
  • M. Komori, K. Tagawa, H. T. Tanaka, Y. Kurumi, S. Morikawa: Current Status of Organ Variation 3D Model Library Construction, Proc. IEEE Int. Conf. on Engineering in Medicine and Biology(生体医工学), Vol. 51, No.Suppl., pp.R-252, Osaka, Japan (2013)
  • K. Tagawa, H. T. Tanaka, M. Komori, Y. Kurumi, S. Morikawa: A Semi-Automatic Modeling Approach for Serosa and Adhesion, Proc. IEEE Int. Conf. on Engineering in Medicine and Biology(生体医工学), Vol. 51, No.Suppl., pp.R-247, Osaka, Japan (2013)
  • T. Marutani, K. Tagawa, N. Shimada, H. T. Tanaka, Y. Kurumi, M. Komori, S. Morikawa: Trainee's Action Archiving System for Supporting Laparoscopic Surgery Training; Proc. Int. Symp. on Three Dimensional systems and Applications, pp.CD, Osaka, Japan (2013)
  • K. Tagawa, T. Oishi, H. T. Tanaka: Adaptive and Embedded Deformation Model: An Approach for Haptic Interaction with Complex Inhomogeneous Objects, Proc. IEEE Int. Conf. on World Haptics, pp.169-174, Daejeon, Korea (2013)
  • K. Tagawa, H. T. Tanaka, Y. Kurumi, M. Komori, S. Morikawa: A Laparoscopic Surgery Simulator Using First Person View and Guidance Force, Proc. Medicine Meets Virtual Reality, pp.431-435, San Diego, USA (2013)
  • K. Hirota, K. Tagawa: Acquisition of Elastically Deformable Object Model Based on Measurement, Proc. EuroHaptics (Springer; Lecture Notes in Computer Science; Haptics: Perception, Devices, Mobility, and Communication, LNCS 7282), pp.205-217, Tampere, Finland (2012)
  • K. Tagawa, Y. Sasaki, H. T. Tanaka: Online Re-Mesh and Multi-Rate Deformation Simulation by GPU for Haptic Interaction with Large Scale Elastic Objects, Proc. IEEE Int. Conf. on World Haptics, pp.531-538, Vancouver, Canada (2012)
  • K. Tagawa, H. T. Tanaka, Y. Kurumi, M. Komori, Shigehiro Morikawa: Expression of Cystohepatic Duct Anomaly Using Modular Structured Organ Model in a Laparoscopic Surgery Simulator, International Journal of Computer Assisted Radiology and Surgery, Vol.7, Suppl.1, pp.194-196, Pisa, Italy (2012)
  • Y. Sasaki, K. Tagawa, H. T. Tanaka: Acceleration of Online-Remesh Deformation Computation by GPU for Haptic Interaction"", Proc. ACM Int. Conf. on Haptic and Audio Interaction Design, pp.CD, Shiga, Japan (2011)
  • K. Tagawa, T. Bito, H. T. Tanaka: A Method of Synchronization for Haptic Collaborative Virtual Environments in Multipoint and Multi-level Computer Performance Systems, Proc. Medicine Meets Virtual Reality 2011, pp.CD, Newport Beach, USA (2011)
  • K. Tagawa, H. T. Tanaka: A Hybrid Dynamic Deformation Model for Surgery Simulation, Proc. Medicine Meets Virtual Reality, pp.CD, Newport Beach, USA (2011)
  • K. Tagawa, S. Nakagawa, H. T. Tanaka, Y. Kurumi, M. Komori, S. Morikawa: Efficient Detachment Simulation Using Online-Remesh Deformation Models of Rectangular Tetrahedral Volume Mesh, International Journal of Computer Assisted Radiology and Surgery, Vol.6, Suppl.1, pp.S118-S120, Berlin, Germany (2011)
  • Y. Doyama, A. Kodama, T. Tanikawa, K. Tagawa, K. Hirota, M. Hirose: CAGRA: Optimal Parameter Setting and Rendering Method for Occlusion-capable Automultiscopic Three-Dimensional Display, Proc. IEEE Virtual Reality, pp.263-264, Massachusetts, USA (2010)
  • K. Tagawa, K. Hirota, M. Hirose: A Data Compression Method for Impulse Response Deformation Model, Proc. IEEE Int. Conf. on World Haptics, pp.428-433, Salt Lake City, USA (2009)
  • Y. Doyama, A. Kodama, T. Tanikawa, K. Tagawa, K. Hirota, M. Hirose: CAGRA: Occlusion-capable Automultiscopic 3D Display with Spherical Coverage, Proc. Int. Conf. on Artificial Reality and Telexistence, pp.36-42, Yokohama, Japan (2008)
  • K. Hirota, K. Tagawa, Y. Suzuki: Automultiscopic Display by Revolving Flat-panel Displays, Proc. IEEE Int. Conf. on Virtual Reality, pp.161-168, Reno, USA (2008)
  • K. Tagawa, K. Hirota, M. Hirose: Manipulation of Dynamically Deformable Object, Proc. IEEE Int. Conf. on Haptics, pp.327-333, Reno, USA (2008)
  • K. Tagawa, K. Hirota, M. Hirose: Surface Contact Interaction with Dynamically Deformable Object using Impulse Based Approach, Proc. EuroHaptics (Springer; Haptics: Perception, Devices and Scenarios, LNCS 5024), pp.675-680, Madrid, Spain (2008)
  • K. Tagawa, K. Hirota, M. Hirose: A Study on Haptic Interaction and Simulation of Motion and Deformation of Elastic Object, Proc. HCI International (Springer; Human Interface and the Management of Information. Methods, Techniques and Tools in Information Design, LNCS 4557), pp.985-993, Beijing, China (2007)
  • K. Tagawa, K. Hirota, M. Hirose: Acquiring and Representing Elasticity of Deformable Objects using Impulse Response Deformation Model, pp.CD, NASA Ames Research Center, Moffett Field, USA (2007)
  • M. Hirose, K. Takahashi, K. Tagawa, H. Touyama, A. Hiyama: Cyber Interface Environment for IRT, Proc. Int. Symp. on Information and Robot Technology, pp.CD, Tokyo, Japan (2007)
  • K. Tagawa, K. Hirota, M. Hirose: Impulse Response Model: an Approach to Haptic Interaction with Dynamically Deformable Object, Proc. IEEE Int. Conf. on Haptics, pp.209-216, Arlington, USA (2006).
  • K. Tagawa, H. Hayashi, R. Kijima: Empirical Evaluation of Cloth Behavior Simulation, Proc. Int. Conf. on Virtual Systems and Multimedia, pp.476-484, Gifu, Japan (2004)
  • K. Tagawa, H. Hayashi, R. Kijima: Evaluation of Cloth Behavior Simulation, Proc. ACM Int. Symp. On Computer Animation, pp.CD, Grenoble, France (2004)
  • K. Tagawa, T. Kakimi, R. Kijima, T. Ojika: A Method for Dynamic Cloth Simulation and its Application in a Virtual Fashion System, Proc. Int. Conf. on Virtual Systems and Multimedia, pp.110-115, Gifu, Japan (1998)

その他

解説論文

  • 田川和義, 田中弘美: 多様な術野を提供する遠隔多地点協働型VR手術シミュレータ構築, 月刊インナービジョン 2016年7月号, Vol.31, No.11, pp.40-43 (2016)
  • 広田光一, 田川和義, 鈴木康広: 全周多視点ディスプレイの開発, 映像情報Industrial, Vol.40, No.6, pp.51-55 (2008)

国際会議発表

  • Y. Igaki, K. Tagawa, H. T. Tanaka: Real-Time Simulation of Stick-Slip Sliding with Epidermal Ridges on Finger tips, Proc. Workshop on Machine Perception and Robotics, pp.CD, Kyoto, Japan (2016)
  • N. Matsuki, K. Tagawa, H. T. Tanaka: Evaluation of Time Synchronization in Haptic Collaborative Virtual Environments, Proc. Workshop on Machine Perception and Robotics, pp.CD, Kyoto, Japan (2016)
  • H. Yamauchi, K. Tagawa, K. Hirota, H. T. Tanaka: Particle based deformation simulation for haptic interaction with rheological objects, Proc. Workshop on Machine Perception and Robotics, pp.CD, Kyoto, Japan (2016)
  • R. Kuriki, K. Tagawa, H. T. Tanaka: Toward an adaptive embedded co-rotated and CSR-FEM based soft-tissue simulation with binary online re-mesh model, Proc. Workshop on Machine Perception and Robotics, pp.CD, Fukuoka, Japan (2015)
  • N. Tani, K. Tagawa, H. T. Tanaka: Hierarchical collision simulation between rigid and elastic embedded objects for realistic haptic rendering, Proc. Workshop on Machine Perception and Robotics, pp.CD, Fukuoka, Japan (2015)
  • R. Kuriki, K. Tagawa, H. T. Tanaka: Optimization of Space and Time Adaptive Deformation Simulation on GPU, Proc. Workshop on Machine Perception and Robotics, pp.CD, Beijing, China (2014)
  • T. Kato, K. Tagawa, T. Marutani, H. T. Tanaka, Y. Kurumi, M. Komori, S. Morikawa: Evaluation of Haptic Training Methods for Laparoscopic Surgery Skill Transfer, Proc. Workshop on Machine Perception and Robotics, pp.CD, Shiga, Japan (2013)
  • T. Marutani, K. Tagawa, N. Shimada, H. T. Tanaka, Y. Kurumi, M. Komori, S. Morikawa: A Study on Transferring Veteran's Laparoscopic Surgical Techniques based on Surgical Processes using Trainee's Action Archiving System, Proc. Workshop on Machine Perception and Robotics, pp.CD, Shiga, Japan (2013)
  • T. Yamada, K. Tagawa, H. T. Tanaka: An adaptive, co-rotated and embedded deformation model for efficient inhomogeneous soft object simulation, Proc. Workshop on Machine Perception and Robotics, pp.CD, Shiga, Japan (2013)
  • T. Oishi, K. Tagawa, H. T. Tanaka: An Adaptive and Embedded Deformation Model for Haptic Interaction with Inhomogeneous Elastic Objects, Proc. Workshop on Machine Perception and Robotics, pp.CD, Fukuoka, Japan (2012) (Best Poster Award受賞講演)
  • N. Omi, K. Tagawa, H. T. Tanaka, Y. Kurumi, M. Komori, S. Morikawa: Constructive Multi-Resolution Modeling for Expressing Cystohepatic Duct Anomaly in a Laparoscopic Surgery Simulator, Proc. Workshop on Machine Perception and Robotics, pp.CD, Fukuoka, Japan (2012)
  • T. Bito, K. Tagawa, H. T. Tanaka: A Method of Synchronization for Haptic Collaborative Virtual Environments in Multipoint and Multi-level Computer Performance Systems, Proc. Workshop on Machine Perception and Robotics, pp.CD, Beijing, China (2011)
  • Y. Sasaki, K. Tagawa, H. T. Tanaka: Acceleration of Simulation of Mass Spring Model by GPU and Online-Remesh for Haptic Interaction, Proc. Workshop on Machine Perception and Robotics, pp.CD, Beijing, China (2011)
  • K. Tagawa, S. Nakagawa, H. T. Tanaka, Y. Kurumi, S. Morikawa, M. Komori: An Efficient Detachment Simulation Method Using Online Remesh and Rectangular Tetrahedral Volume Mesh, Proc. Workshop on Machine Perception and Robotics, pp.CD, Beijing, China (2011)
  • T. Yamada, K. Tagawa, H. T. Tanaka: Hierarchical and Hybrid Online Remesh Deformation Model for Surgery Simulation, Proc. Workshop on Machine Perception and Robotics, pp.CD, Beijing, China (2011)
  • S. Nakagawa, K. Tagawa, H. T. Tanaka: Efficient Detachment Simulation Using Online Re-mesh Models of Adaptive Rectangular Tetrahedral Volume Mesh, Proc. Workshop on Machine Perception and Robotics, pp.CD, Fukuoka, Japan (2010) (Best Poster Award受賞講演)
  • T. Oishi, K. Tagawa, M. Komori, H. T. Tanaka: Construction of Haptic Collaborative Virtual Environment with One-to-Many Instruction, Proc. Workshop on Machine Perception and Robotics, pp.CD, Fukuoka, Japan (2010)
  • T. Oishi, K. Tagawa, M. Komori, H. T. Tanaka: Construction of Haptic Collaborative Virtual Environment for One-to-Many Remote Surgery Training, Proc. BUAA-Ritsumeikan Workshop on Computer Science and Technology, pp.CD, Beijing, China (2010)
  • T. Oishi, K. Tagawa, M. Komori, H. T. Tanaka: Construction of Haptic Collaborative Virtual Environment for One-to-Many Remote Surgery Training, Proc. the Third Asian Joint Workshop on Information Technologies, pp.CD, Dalian, China (2010)
  • K. Tagawa, K. Hirota: Record Reproduction Deformation Model for Haptic Interaction, Proc. Workshop on Machine Perception and Robotics, pp.CD, Kyoto, Japan (2009)
  • K. Hirota, K. Tagawa, M. Hirose: Deformable Object Model for Haptic Interaction, Proc. France-Asia Virtual Reality Workshop, pp.CD, Tokyo, Japan (2006)

国内会議発表(最近の3年分のみ)

  • 栗木 涼, 田川和義, 田中弘美, 小森 優: 力覚提示のためのマルチレート・オンラインリメッシュ型有限要素変形シミュレーション, 第18回力触覚の提示と計算研究会予稿集, pp.CD, 東京農工大学小金井キャンパス, 東京都 (2017)
  • 井垣友貴, 田川和義, 田中弘美: 指紋の変形に基づく実時間Stick-Slipシミュレーション, 情報処理学会 第79回全国大会予稿集, pp. CD, 名古屋大学, 愛知県 (2017)
  • 河野桃子, 田川和義, 田中弘美, 小森 優, 来見良誠: 漿膜・結合組織の粒子ベース変形・剥離表現法の提案, 情報処理学会 第79回全国大会予稿集, pp. CD, 名古屋大学, 愛知県 (2017)
  • 山内博貴, 田川和義, 広田光一, 田中弘美: 力覚的対話操作が可能なレオロジー物体の粒子ベース大変形シミュレーション, 第21回日本バーチャルリアリティ学会大会論文集, pp.CD, つくば国際会議場, 茨城県 (2016)
  • 野村祐資, 中村暁史, 丸谷宜史, 田中弘美, 田川和義, 島田伸敬, 小森 優, 来見良誠, 森川茂廣: アイ・ハンドコーディネーション解析に基づく実時間手術工程認識, 第16回日本VR医学会学術大会抄録集, pp.38-40, 横浜情報文化センター, 神奈川県 (2016)
  • 丸谷宜史, 中村暁史, 野村祐資, 田中弘美, 田川和義, 島田伸敬, 小森 優, 来見良誠, 森川茂廣: 手術工程に適応的な熟練医の手術手技教示システムの開発, 電子情報通信学会技術研究報告(信学技報), Vol.116, No.37, pp.53-58, 名古屋大学, 愛知県 (2016).
  • 栗木 涼, 田川和義, 田中弘美: オンラインリメッシュ型有限要素法変形計算のための最適な行列保持法の選定: 日本バーチャルリアリティ学会研究報告, Vol.20, No.HDC16, pp.17-18, 立命館大学びわこくさつキャンパス, 滋賀県 (2015)
  • 丸谷宜史, 加藤十磨, 田川和義, 田中弘美, 小森 優, 来見良誠, 森川茂廣: VR腹腔鏡下手術訓練における力覚提示装置を用いた受動的・能動的 訓練法の検討, 第15回日本VR医学会学術大会抄録集, pp.21-22, 京都大学, 京都府 (2015)
  • 田川和義, 近江奈帆子, 北脇友哉, 田中弘美, 小森 優, 来見良誠, 森川茂廣: 多様なVR術野構築のための漿膜・結合組織モデリング法,第15回日本VR医学会学術大会抄録集, pp.27-28, 京都大学, 京都府 (2015)
  • 広田光一, 田川和義: 変形可能な手モデルによる把持操作, 第20回日本バーチャルリアリティ学会大会論文集, pp.CD, 芝浦工業大学, 東京都 (2015)
  • 田川和義, 近江奈帆子, 田中弘美, 小森 優, 来見良誠, 森川茂廣: 多様なVR術野構築のための漿膜・結合組織の半自動生成手法, 電子情報通信学会技術研究報告(信学技報), pp. 35-39, 三重大学, 三重県 (2015)
  • 田川和義: 遠隔指導を可能とする低侵襲手術訓練支援システムの構築 ?軟組織の実時間非線形変形シミュレーションと遠隔共有手法の開発, 私立大学戦略的研究基盤形成支援事業シンポジウム予稿集, pp.90-91, 立命館大学びわこくさつキャンパス, 滋賀県 (2014)
  • 加藤十磨, 田川和義, 丸谷宜史, 田中弘美, 神田 輝, 赤羽克仁, 佐藤 誠: 6自由度手首力覚提示装置を用いた手術手技訓練支援のための基礎的検討, 第19回日本バーチャルリアリティ学会大会論文集, pp.CD, 名古屋大学, 愛知県 (2014)
  • 栗木 涼, 田川和義, 田中弘美: GPUを用いた時空間適応的変形計算の効率化, 第19回日本バーチャルリアリティ学会大会論文集, pp.CD, 名古屋大学, 愛知県 (2014)
  • 桐山和也, 広田光一, 田川和義, 宇治土公雄介: VR環境における操作性向上のための手モデル, 第19回日本バーチャルリアリティ学会大会論文集, pp.CD, 名古屋大学, 愛知県 (2014)
  • 広田光一, 宇治土公雄介, 桐山和也, 田川和義: 柔らかい手と接触・運動のモデル化, 第2回VRと超臨場感研究会予稿集, pp.CD, 首都大学東京, 東京都 (2014)
  • 中村暁史, 丸谷宜史, 田川和義, 田中弘美: VRシミュレータを用いた腹腔鏡下胆嚢摘出手術訓練下でのCritical View確認動作の検出, 2014年電子情報通信学会総合大会講演論文集, pp.171 新潟大学, 新潟県 (2014)
  • 宇治土公雄介, 広田光一, 田川和義: 把持操作のための細かく変形する手モデルの構築, 第12回力触覚の提示と計算研究会予稿集, pp.95-99, 東京大学本郷キャンパス, 東京都 (2014)
  • 田川和義, 山田隆洋, 田中弘美: オンラインリメッシュ型共回転系変形モデルによる実時間非線形変形計算と力覚操作への応用, 第12回力触覚の提示と計算研究会予稿集, pp.117-122, 東京大学本郷キャンパス, 東京都 (2014)

紀要・企業の技報

  • 田川和義, 垣見友和, 木島竜吾, 小鹿丈夫: バーチャルファッションシステムにおける布の動的シミュレーションの研究, 岐阜大學工學部研究報告, Vol.49, pp.93-100 (1999)

特許登録

  • 特開2015-222509: 遠隔地点間変形シミュレーションシステム及び変形シミュレーション装置, 田川和義, 田中弘美
  • 特開2015-212758: 周辺組織付臓器モデル生成装置及び周辺組織付臓器モデル生成方法, 田川和義, 田中弘美
  • 特開2015-156108: 非線形変形計算システム及び手術シミュレータ, 田川和義, 田中弘美

外部資金獲得状況

  • 2017年4月~(現在), 科学研究費補助金 基盤研究(A) 課題番号:17H00754, 「手掌触覚伝達による手術手技の遠隔VR実地訓練基盤構築」, 研究分担者, 44,200千円.
  • 2017年4月~(現在), 科学研究費補助金 基盤研究(B) 課題番号:17H01775, 「計測に基づく手モデルの構築と操作シミュレーションの精緻化」, 研究分担者, 16,510千円.
  • 2015年4月~(現在), 私立大学戦略的研究基盤形成支援事業, 「『どこでも高度医療』実現のためのICT研究拠点形成」, 研究分担者, 135,800千円.
  • 2013年4月~(現在), 科学研究費補助金 基盤研究(B) 課題番号:15H02742, 「非一様かつ大変形を伴う仮想柔軟物間の精緻な実時間視力覚インタラクション手法の研究」, 研究代表者, 14,820千円.
  • 2013年4月~2016年3月, 科学研究費補助金 基盤研究(B) 課題番号:25282154, 「多様な術野を提供するシミュレーション訓練用異型器官ライブラリの構築」, 研究分担者, 18,590千円.
  • 2013年4月~2016年3月, 科学研究費補助金 基盤研究(B) 課題番号:25280072, 「把持操作のための変形表面を持つ手指モデル」, 連携研究者, 12,220千円.
  • 2012年4月~2016年3月, 科学研究費補助金 基盤研究(C) 課題番号:24500158, 「超臨場感遠隔手術訓練環境構築のための適応的・階層型埋込み柔軟物体表現と可視触化」, 研究代表者, 4,810千円.
  • 2012年4月~2015年3月, 科学研究費補助金 基盤研究(A) 課題番号:24240020, 「触力覚に基づく技能伝承のための仮想実地訓練環境の構築」, 研究分担者, 45,630千円.
  • 2011年7月~2014年3月, 総務省戦略的情報通信研究開発推進制度(SCOPE) ICTイノベーション創出型研究開発, 「『どこでも高度医療』実現のための超臨場感コミュニケーション技術の研究開発」, 研究分担者, 46,307千円.
  • 2010年4月~2012年3月, 情報通信研究機構 委託研究 超臨場感コミュニケーションシステムに関する研究開発, 「『どこでも高度医療』実現のためのボリュームベース遠隔触覚協働環境構築の研究開発」, 研究分担者, 35,621千円.
  • 2009年7月~2012年3月, 科学研究費補助金 若手研究(B) 課題番号:22700129, 「大規模超臨場感遠隔協働環境構築のための適応的・階層型柔軟物体表現と可視触化の研究」, 研究代表者, 3,900千円.
  • 2009年4月~2012年3月, 科学研究費補助金 基盤研究(B) 課題番号:21300041, 「実対象物の計測に基づく動的変形特性の記録と再生」, 研究協力者, 17,940千円.
  • 2007年4月~2009年3月, 科学研究費補助金 基盤研究(B) 課題番号:19300034, 「弾性仮想物体の動的変形特性の力覚表現」, 研究協力者, 7,930千円.
  • 2003年4月~2006年3月, 科学研究費補助金 基盤研究(B) 課題番号:15300030, 「やわらかさ情報の符号化手法(触覚カメラ)に関する研究開発」, 研究協力者, 16,200千円.
  • 2003年4月~2004年3月, 笹川科学研究助成 研究番号:15-101, 「高精度な実時間布シミュレーションと仮想試着システムの構築」, 研究代表者, 580千円.

コンテンツサイトマップ -

PAGE TOP