ATF


《オートマティック トランスミッション フルード》(Automatic Transmission Fluid)自動変速機油

1.概要

     ・基本はアメリカのGM社が開発したDEXRON(デクスロン)という規格、またはFORD社のMARCON(旧Type F)
     という規格に準じて製油され使用されていたが、現在はそれにプラスアルファの自動車メーカー独自の規格を
     設けているところもある。

 (1)要求機能

     ・動力伝達媒体としての機能
     ・油圧制御系の作動流体としての機能
     ・発熱部からの熱を運ぶ機能
     ・各摩擦部の潤滑機能

     以上の要求をすべて満たすように設計しなければならず、各種潤滑油の中で最も厳しい性能が要求される。

 (2)要求性能

     ・粘度が適正で粘度指数が高いこと。
     ・熱安定性が良いこと。
     ・酸化安定性が良いこと。
     ・消泡性が良いこと。
     ・シール材を侵さないこと。
     ・錆止め、腐食防止に優れること。
     ・耐摩耗性に優れること。

 (3)規格表示

   ●TOYOTA車の場合
     ・GMの規格であるDEXRONを基本としている。

      DEXRONU及びタイプT-U、タイプT-W(タイプT-V)が主に使用されている。
      (その他、AISIN AW製のATを搭載している車もこれに準ずる。)三菱、ダイハツ等

   ●NISSAN車の場合

      マチックフルードC、及びマチックフルードDが主に使用されている。
      (その他、JATCO製のATを搭載している車もこれに準ずる。)マツダ、スズキ、スバル等



     ・最近は自動車メーカーの系列に拘らず、AT等の装備品を採用するようになっているため、一概には言えな
     くなってきている。
     また、FORD社もTYPE-FからMARCONという規格に代わったため、GMのDEXRONVとほぼ同規格になった。
     したがって、ATFにはこの両規格を満たすものもある。

2.メンテナンス

     ・ATFは他の潤滑油、作動油に比べ熱に対してシビアである。これは熱による劣化もあるが、粘度の低下に
     よる作動油としての機能の低下もあるためである。
      ATFは高温になり易い状況下(トルクコンバータ内で撹拌される)にあるため水冷式になっているが、夏季
     エアコン使用時の渋滞等においては、特に高温になり易い。

     ・AT内部の機械的作動部、特にクラッチ等の摩擦部位から出る金属粉等が、油圧回路に入り込む可能性が
     あり、この回路に異物が混入すると油圧制御バルブが正常に動かなくなり、レンジの切り替え、変速に異常を
     生ずる。

     ・以上のようなことから定期的な交換が必要と思われる。
     (思われると書いたのは、自動車メーカー及びATメーカーによっては交換の必要なしというところもあるため。)

 (1)交換時期

     ・エンジンオイルのように燃焼によるブローバイガスにさらされないため、水、燃料等の混入がないので、実際
     に走行しない限り劣化は殆どない。
     したがって、交換は走行距離を目安に行う。オイルメーカーは約2万kmと謳っているところが多いようである。

 (2)交換時の注意事項

     ・ATメーカーが指定する規格を満たしたものを使用する。

     ・上記したように異物の混入はATに致命的ダメージを与えかねないため、ゴミ、ホコリ等が入らないように注意
     する。(特にレベルゲージにて注入量を確認する際には注意する。)

     ・必ず規定量を注入する。(多すぎても少なすぎてもいけない。)

 (3)交換手順

     ・ATFの温度がある程度高い方が流動性が良いため、抜け易い。そのため暖機運転をする。
         
     ・セレクト(シフト)レバーをPもしくはNレンジにする。(メーカーにより指定が異なる。)
         
     ・オイルチェンジャーを使用する場合は各ホースを接続し、自動運転交換する。
     または、ATのオイルパンのドレンプラグを外し抜き取る。ドレンプラグが無い場合は、オイルパンを外す。
     尚、オイルチェンジャーを使用しない場合は、一度に全てのATFを交換できない。
     (ラジエータ下部のATFクーラーホースを外し、エンジンを始動させるとより多くのATFを排出できるが、AT内
     部の潤滑不良を起こし兼ねないので注意する。)
         
     ・規定量を注入する。
         
     ・セレクト(シフト)レバーをPレンジから1レンジまで一順させ、再度注入量を確認する。



トップへ
トップへ
戻る
戻る