電子ロボット工学科

舘山研究室

自分で学習して、どんどん賢くなっていくロボット。

舘山研究室舘山 武史 教授

キーワード知能ロボット/機械学習/離散・連続混合システム

tateyamaMain

ロボットを実際につくってみるとわかるが、ロボットにさせたい仕事が複雑であるほど、人間の思い通りに動かすことは難しくなる。人間も、例えばスポーツがうまくなりたいと思ったら、言葉で教えてもらうだけではダメで、自分自身で練習を繰り返さなければならない。それと同じことをコンピュータで実現しようとする技術が「強化学習」だ。

本研究室では、複雑な仕事を学習するロボットを実現するべく、さまざまな理論・応用研究に取り組んでいる。また、近年注目されている「深層学習」は、生物の脳のしくみをヒントにしたコンピュータプログラム「ニューラルネットワーク」を改良した人工知能(AI)技術であり、これと強化学習を組みあわせた「深層強化学習」は、強化学習の可能性を飛躍的に高めることができる。深層学習は、特に画像認識の分野で驚異的な性能を発揮する。これにより、学習するロボットは高性能な「眼」を手に入れることができるのだ。

産業分野では、工場の作業者が目視で行っている部品の検査作業を、深層学習を用いた画像認識によって自動化する研究を行っている。実際に企業の生産現場に導入して試験的に運用してみたところ、従来の画像認識を用いた手法と比較して、効率的かつ高精度な検査判定を実現した。機械も、トライ&エラーを通して、どんどん賢くなっていく。研究に携わる人間も、失敗を恐れてはならない。