NEWS

情報メディア学科 板宮研究室が「ぼうさい甲子園」で「奨励賞」を受賞

学科情報

優れた防災教育や活動を顕彰する令和元年度1.17防災未来賞「ぼうさい甲子園」(主催:兵庫県、毎日新聞社、ひょうご震災記念21世紀研究機構)において、情報メディア学科 板宮研究室が「奨励賞」を受賞しました。今回で4年連続の受賞です。
バーチャルリアリティ(VR:人工現実感)や拡張現実(AR)を用いた災害疑似体験アプリ「Disaster Scope」や「VR地震列島」の開発と、自治体や小中高校での防災訓練における実用を継続して行っていることが高く評価されました。1月12日に兵庫県公館で行われた表彰式では、研究室を代表して情報メディア学科3年生の平川俊貴君が賞状を受け取りました。受賞内容は毎日新聞で報道されました。

令和元年度板宮研究室メンバー

4年生 新間幹久、杉江駿、西部連、小林勇輝、近田静也、富田祐規、宮本侑都
3年生 松﨑純也、李卓学、林啓介、平川俊貴、山下純弥