NEWS

自転車“ながらスマホ”の危険性についてTBS「ひるおび!」などに出演

お知らせ

昨年12月に神奈川県で、20歳の女子大生が左手にスマホ、右手に飲物を持ち、片耳イヤホンして電動アシスト自転車を発進させて歩道の歩行者をはねて死亡させる痛ましい事故が起きました。
女子大生は刑事責任を問われ、8月27日に横浜地裁で禁固2年、執行猶予4年の有罪判決を受けました。
この事故及び判決に関して、“ながらスマホ”の危険性を研究している小塚一宏名誉・特任教授が8月28日のTBSテレビ「ひるおび!」のスタジオで約30分間生出演して“ながらスマホ”の危険性を解説しました。東海地方ではCBCテレビで放送されました。
また、広島RCCラジオでは8月31日朝に約10分間電話取材で生放送されました。朝日新聞8月28日朝刊で小塚特任教授の解説・データを含めて大きく報道されました。
その他、民放テレビ各局、各種新聞でたびたび小塚特任教授のコメントが放送・掲載されました。
自転車“ながらスマホ”は悲惨な交通事故を引き起こす可能性があり、絶対に止めましょう!