GO!! オーキャン AUT OPEN CAMPUS 愛知工科大学 オープンキャンパスサイトGO!! オーキャン AUT OPEN CAMPUS 愛知工科大学 オープンキャンパスサイト

  • オーキャン事前予約

9月7日 オープンキャンパス

開催時間 10:00~13:20(受付9:30~)

当日受付も可能ですが、事前申し込みされた方を優先しますので、人数により希望するコースに 参加できない場合があります。事前申し込みされることをお勧めします。

タイムスケジュール

大学紹介

10:00~10:30(受付 9:30~)

AUTの概要説明と独自の「AUT教育」、学びのポイントなどについて説明します。
4年間の大学生活で、どのように成長し、どのように変わるのか。みなさんを"かえる"教育システムについてわかりやすく紹介します。

研究室デモンストレーション

[1時間目]10:40~11:10、[2時間目]11:20~11:50、[3時間目]12:00~12:30

大学紹介終了後は、各学科の研究室を自由に選んで、研究内容の説明やデモンストレーション、体験実習などを行います。1日で最大3つのプログラムに参加できます。実際に見て、聞いて、体感することで具体的な学びを理解します。

機械システム工学科
学科紹介詳細を見る

モノづくりの基幹テクノロジーを体系的に学ぶ。

モノづくりの基幹テクノロジーともいえる機械工学を、力、流れ、熱、材料、加工などの基礎科学から、専門、応用へと段階的に学びます。さらに実験・実習を多く取り入れた実践的カリキュラムにより、機械設計、メカトロニクス、制御工学など、モノづくりの専門知識・技術を楽しみながら修得します。機械のみならず、機械を使う人間を含めたトータルなシステムとしてとらえて学ぶことで、高度な機械設計、生産システムを創出するための理論を身につけます。高性能化、高速化、知能化など、インテリジェント化する機械に対応できる創造力と実践力を兼ね備えたエンジニアを目指します。

k1自動車の空気抵抗低減技術詳細を見る

自動車の燃料消費量を低減させるために、車体の空気抵抗を小さくする研究を行っています。この研究を進める手段として、コンピュータを用いて流れを計算する方法と車両モデルに実際に風を流して力を計測する風洞実験があります。コンピュータによる計算結果を解説し、風洞実験を体験していただきます。

石原研究室 7号館9階 7902

流体力学実験室
k2IoT技術の実用化に向けて詳細を見る

高齢化社会を迎え、車イスの利用者が増えるとともに事故件数も増加しています。その事故防止対策として、IoTや画像処理技術を用いた制御システムの設計・開発を行っています。また、力仕事が多い農業の世界にもIoTの考えを取り入れ、効率的かつ低負担なシステム構築についての研究も進めています。この2つの研究をわかりやすく紹介します。

阿部研究室 7号館9階 7903

次世代安全システム実験室
k3エネルギーハーベスティング技術(環境発電技術)とは?詳細を見る

太陽光や熱(温度差)、風などのさまざまな形態で環境中に存在するエネルギーを収穫(ハーベスト)して電力に変換する「エネルギーハーベスティング」。身のまわりにある微小なエネルギーをいかに効率よく、コンパクトなシステムで取りだすのかを研究しています。私たちの生活に必要な電気エネルギーについて考えます。

井藤研究室 7号館9階 7905

熱機関実験室
k4ナノ・テクノロジーの世界をのぞいてみよう詳細を見る

汚れや菌がつかない、水をはじくなど、私たちの身近なモノには、さまざまなコーティングが施されています。そのキーワードのひとつが「ナノ」。10-9 (m)または1/10億(m)レベルでさまざまなモノの表面処理をする技術です。今回は、研究室で試作した装置を使ってデモンストレーションを行い、目に見えない「ナノ」の世界を体験します。

松浦研究室 7号館1階 7106

計測システム実習室
k5巨大地震の被害を最小限に抑えるために詳細を見る

日本各地で大きな地震が発生し、今後も大規模な地震が発生することが危惧されています。地震被害を最小限に抑えるため、高層ビルの屋上に巨大な振り子を設置するという対策が行われています。このような装置をダイナミックダンパと呼びます。本研究室では、振り子のかわりにヤジロベエの形をしたダンパを提案し、その効果を模擬実験で検証します。

村上研究室 6号館5階 6508

機械力学実験室
k6自動運転時代の「人と車のかかわり」詳細を見る

ドライビングシミュレータを活用し、自動運転時のドライバの状態について、心拍や眼球運動、脳血流など生体情報を収集・分析し、評価を行っています。また、自動運転に対してドライバが信頼、依存するかどうかなども検証しています。ドライビングシミュレータの体験を通じ、世界的にもまだ例の少ない最先端の研究の一端に触れることができます。

荒川研究室 6号館5階 6509

ヒューマンインターフェース実験室
k7CAD設計へのいざない~新しい設計の世界~詳細を見る

コンピュータを活用した機械設計の分野は、日々進歩を続けており、設計のみならず、解析、シミュレーションなど多方面で使われています。3DCADを利用した新しい世界をぜひ体感してください。「機械設計」の最先端のツールは、あなた自身の新しい頭脳を目覚めさせるかもしれません。

林研究室 6号館1階 6104

CAD/CAM実習室
k8人にやさしい制御システム詳細を見る

自動車エンジンのCO2低減につながるエンジン制御の研究を紹介します。ひとつは、空気、燃料および点火を精密に制御するためのECU(エンジン・コントロール・ユニット)構築。もうひとつは、新しい機構のロータリエンジンの開発です。制御技術の向上と人にやさしいモノづくりを紹介します。

梶谷研究室 3号館1階 3103

エンジン制御実験室
k9機械技術者に求められる強度設計とは?詳細を見る

自動車は万一衝突しても人の安全を守るために、わざと衝突した部分を破壊させ、人への衝撃を抑えるような設計がされています。機械技術者に求められる強度設計の重要性について解説します。また、自動車に使われている材料の引張・破壊実験を行い、材料の特徴や強さなどを調べます。

山本照研究室 3号館1階 3105

材料実験室
電子制御・ロボット工学科
学科紹介詳細を見る

電気電子、機械、コンピュータの融合技術を実践的に学ぶ。

電気電子、機械、コンピュータの知識・技術を段階的、体系的に学びながら、相互に関係しあう融合技術への理解を深めます。そのうえで、実践的な設計技術や制御技術、組込み技術などの専門知識・技術を修得します。グローバルスタンダードな教材を取り入れたプロジェクト実習により、つくる楽しみを実感しながら、最先端の自動制御技術を学びます。電子制御技術やロボットシステムは、製造業を中心に産業界で必要不可欠なものとなっており、今後は医療・福祉分野、航空宇宙分野へも広がります。最先端の融合技術を実践的に学び、広く産業界で活躍できるエンジニアを目指します。

r1人工知能(AI)と知能ロボット詳細を見る

人工知能(AI)技術の発展はめざましく、AIを搭載した高度な知能ロボットの実現が期待されています。ここでは、特に近年注目されている人工知能技術である、ロボットに動き方を学習させる強化学習や、カメラ画像を認識する「ディープラーニング(深層学習)」についてわかりやすく解説。それぞれの技術の知能ロボットへの応用例を紹介します。

舘山研究室 7号館7階 7701

学習ロボットシステム実験室
r3リハビリロボットを体験してみよう詳細を見る

ロボット技術は今、さまざまな分野で活用されており、本研究室ではリハビリテーション分野で活用できるロボット技術を研究しています。力覚センサにより患者の力を測定し、それに応じて運動機能回復のためのリハビリをサポートするシステムです。今回は、実際にロボットによるリハビリを体験します。

裴研究室 7号館7階 7703

福祉ロボット実験室
r44 人工衛星と交信してみる詳細を見る

1辺が10センチの立方体型衛星の開発を町工場の方々と続けています。LED光通信を目指した1号機「AUTcube2」は、2018年10月に宇宙に出発しました。次期衛星でも「AUTcube2」と同様に光通信装置を搭載する予定です。今回は、LEDの光を簡単な装置を使って受け取り、どんなメッセージが送られてくるかを読み解きます。

西尾研究室 7号館7階 7704

宇宙知能ロボット実験室
r5LEDを自動点滅させる回路をつくろう詳細を見る

半導体レーザは、私たちの生活に欠かせない存在で、例えば自動車の安全性を高めたり、医療のレーザ治療に用いたり、さまざまな機器の制御に重要な役割を果たしています。ここでは、半導体レーザと同じしくみのLEDを使用した自動点滅回路の製作を体験します。

名和・磯貝研究室 6号館7階 6709

センシングシステム実験室
r6医工学に触れてみよう詳細を見る

ロボットをはじめとする工学技術が医療分野に積極的に導入されています。本研究室では、脳血管内治療や神経内科における支援機器を医療機関と共同で開発しています。その支援機器の紹介や体験などを通じて、一緒に未来の医療を考えてみましょう。

永野研究室 6号館7階 6711

高度技能支援システム実験室
r7筋電位によるロボットインターフェースを体感しよう詳細を見る

人間の動作は、脳からの微弱な電気的な生体信号=筋電位信号が体内の神経を通じて筋肉に伝わることで動いています。この生体信号を皮膚の上からマイコンを使って検出し、自分の体の動作に連動してロボットを遠隔操作するロボットインターフェースの研究を体感します。

大西研究室 6号館5階 6507

ロボット・メカトロニクス実験室
r8あなたの“眼”には何が映し出されている?詳細を見る

ロボット制御への応用を目的に、ヒトの運動制御を研究しています。そこで注目しているのは“眼”の動きです。“眼”からヒトの心や身体の状態が読み取れるといわれています。すでにその研究成果は、自動車運転時の居眠り防止やわき見運転防止システムなどに応用されています。そんな眼球運動研究の世界をぜひ体験してみませんか?

山本雅研究室 6号館5階 6511

生体医工・人間工学実験室
情報メディア学科
学科紹介詳細を見る

情報技術の基礎から応用までを実習中心に学ぶ。

プログラミングやネットワーク、マイクロコンピュータ、画像・音声情報処理から、デジタル情報処理をベースとしたCGや映像、Web、デジタルコンテンツ制作まで、幅広くコンピュータに関連する専門知識・技術を学びます。モノづくりの視点をベースにIoT(Internet of Things)時代を展望し、情報技術の基礎から応用までを、プロジェクト型の実践教育により主体的に修得。IT産業に限定せず、モノづくりやサービス、エンターテイメントなど、あらゆる産業界で活躍できるプロフェッショナルなコンピュータエンジニアを目指します。

j1電子文書でデータ処理を体験してみよう詳細を見る

情報の標準化が進み、今や文字からなるデータは、 XML文書としてあちこちで扱われています。XMLは、データを<項目>内容</項目>のように項目のタグで内容をはさんで表します。データの見せ方は、スタイルシートで変えることができます。簡単なXML文書をつくり、内容の加工・表示を行います。

吉田研究室 7号館8階 7801

メディア情報圧縮実験室
j2VRとARの社会応用(防災・医療)を体験詳細を見る

ヘッドマウントディスプレイやスマートグラスなどを利用したVR/ARの最新技術を体験できます。津波や火災などのリアルな疑似体験ができる防災教育ARアプリやVRドライビングシミュレータ、体内の複雑な血管や腫瘍の位置が透けて見えるAR手術ナビゲーションシステムなど、社会応用の最前線を体感できます。

板宮研究室 7号館8階 7803

VR/AR実験室
j3近未来の自動運転に向けた安全運転支援システムの開発詳細を見る

自動運転は、高速道路や路線バスでの運用が検討されていますが、一般道での自動運転には多くの課題があります。本研究室では、見通しの悪い交差点でもスムーズに通行することができるように、情報通信技術を使った交差点安全支援システムの研究を進めています。実証実験の様子をご覧いただきながら、簡単なデモンストレーションを行います。

宇野研究室 7号館8階 7804

情報通信ネットワーク実験室
j4プロジェクションマッピングに挑戦詳細を見る

テーマパークやイベントなどで建物や立体物に映像を映し出すプロジェクションマッピング。驚きの映像を感動的に楽しむことができるものですが、本研究室では社会的活動の紹介にも活用しています。制作の方法やしくみ、カラクリについて学び、実際に立体物へのプロジェクションマッピングを体験します。

加藤高研究室 7号館5階 7501

コンテンツ制作スタジオ
j5音声認識・音声合成アプリをつくってみよう詳細を見る

スマートフォンでは音声認識機能が広く使われつつあります。本研究室では、音声に関する学際的な研究から応用したアプリ開発などを行っています。今回は、大学のキャンパス案内の音声対話アプリや加速度センサを利用した楽器アプリなどを紹介します。さらに音声認識・音声合成を行う簡単なiPhoneアプリの制作も体験します。

實廣研究室 7号館5階 7509

マルチメディア実習室
j6触覚のバーチャルリアリティ技術を体験詳細を見る

力触覚提示デバイスを用いると、仮想物体に触れた際の手応えや触り心地だけでなく、熟練者の微妙な力加減をともなう手技なども伝えることができます。これを使用した低侵襲VR手術訓練システムや創菓・陶芸訓練システム、多指力覚提示システム、視力触覚対話型VRシステムなどを実際に体験します。

田川研究室 6号館6階 6607

対話型システム実験室
j7ミニ四駆AIから学ぶ知能化詳細を見る

情報技術を利用した“モノ”には、家電やスマートフォン、自動車、ロボットなどがあります。これらは、センサ、知能・制御系、駆動系などに関する技術の集合体であり、その技術によって知能化したシステムであるといえます。今回は、知能化したシステムの解説をミニ四駆AIのデモ走行を用いて行います。

加藤央研究室 6号館6階 6610

知能システム実験室
j8ゼロから学ぶ画像処理のしくみ詳細を見る

画像処理技術、つまりコンピュータや機械に人間の「目」のような機能を持たせる技術について紹介します。簡単にいえば、画像のなかから顔を認識したり、物体の動きを検出したりする技術です。実際に画像を操作したり、動き検出ソフトを体験しながら、画像処理技術について学びます。

岡島研究室 6号館6階 6611

知的情報処理実験室

学科説明会

[1時間目]10:40~11:10、[2時間目]11:20~11:50、[3時間目]12:00~12:30

希望する学科の概要説明と学びの特徴、研究内容などについて解説します。なにを学び、なにが身につき、どのような将来(就職先)が待っているのかをわかりやすく紹介します。

キャリアサポート説明会

[2時間目]11:20~11:50

AUTキャリアセンターの担当者が、インターンシップから学内企業説明会、個別の面接指導まで、一人ひとりの夢の実現をサポートするシステムについて説明します。

入試・奨学金説明会

[3時間目]12:00~12:30

それぞれの入試の内容や違い、ポイントなどを解説します。また、AUT独自の奨学金制度や学費分納制度などについて説明します。保護者のみの参加も可能です。

ランチタイム

12:30~13:20(時間内随時利用可能)

オープンキャンパスへ参加された方(保護者や同伴者も含みます)には、無料でランチを用意しています。
一足早く大学生気分を体験してください。

学生寮見学ツアー

13:30~場所:ホール棟 1階へ集合してください。

AUTが管理する明健寮と蒲郡学生会館を見学します。写真ではわからない雰囲気や、部屋の様子などを見ることができます。

個別相談

10:00~13:20(時間内随時受付)

各学科の内容や違い、大学生活についてのみなさんの疑問、質問に入試広報スタッフがお答えします。
気軽にお尋ねください。

無料スクールバス時刻表・のりば

無料スクールバス時刻表・のりば

AUTをもっと知ろう

公式SNSをフォローして最新情報をGET!
大学・短大共通 公式アカウント
  • Instagram
  • Twitter
  • YouTube
大学公式アカウント
  • Facebook
  • Line
短大公式アカウント
  • Facebook
資料請求デジタルパンフレット大学公式サイト