掛布 知仁

カケノ トモヒト (Kakeno Tomohito)
自動車工業学科
教授

写真:名前 名前

最終学歴
愛知工業大学工学部生産システム工学専攻 機械工学科修士課程 修了
学位
工学修士
職歴
平成元年4月 東海工業高等学校 教員
平成4年4月 東海工業専門学校 教員
平成12年4月 愛知工科大学機械システム工学科 助手
平成18年4月 愛知工科大学機械システム工学科 講師
平成21年4月 愛知工科大学自動車短期大学自動車工業学科 准教授
平成29年4月 愛知工科大学自動車短期大学自動車工業学科 教授
担当科目
自動車工学実習I/シャシ整備I/数学I/シャシ整備II/機械工作法/OMS
研究分野(専門分野)
人間工学/教育工学
研究課題
学習者の有する心的尺度が学習効果に与える影響の測定/労働安全衛生の観点に立った作業刺激が及ぼす反応劣化度の研究
受賞
平成22年度財団法人東京自動車普及協会懸賞論文 優秀賞
所属学会
人間工学会/日本工学教育協会
学会及び社会活動
なし
主な著書
・機械システム工学実習I・II,共著,平成14年4月初版,愛知工科大学機械システム工学科の実習授業に使用されるテキスト
・機械システム工学実験I・II,共著,平成15年4月初版,愛知工科大学機械システム工学科の実験授業に使用されるテキスト
・基礎数学,共著,平成25年3月初版,愛知工科大学自動車短期大学の数学Iに使用されるテキスト
主な学術論文
・自動車整備教育の特殊性と学生が有する寸法認識能力の調査,共著,平成22年9月3日受付,日本工学教育協会発行 工学教育59巻1号,自動車整備を志す学習者が有している寸法認識能力を調査し、その結果を教育カリキュラムにどのように反映させていくかを論じた。
その他:学会発表等
・安全教育の視野に立った重量認識能力の調査,共著,平成23年9月,日本工学教育協会, 学習者の有する重量認識能力を調査し、その結果を安全教育に反映させる手法を検討した。
・学習者の有する寸法の認識能力と実習作業成績の関係,共著,平成22年8月,日本工学教育協会,学習者の有する寸法の認識能力と整備実習の作業成績との関係を調査し、教育効率の良い授業の在り方を検討した。

ページの先頭へ戻る

資料請求/各種資料、パンフレットの請求はこちらから
デジタルパンフレット