愛知工科大学 工学部

ロボティクス

センサと制御で、ありとあらゆるロボットを

人間を支援する多くの自動機械や知能機械に、近年の飛躍的な進歩を遂げたコンピュータ技術や電子制御技術を取り入れたロボット技術は、現代社会に無くてはならない存在となっています。種類も一般的な工業支援をする産業ロボットから、老人介護や障害を持つ方の生活を支援するサービスロボット。そして、宇宙空間など過酷な環境にも耐えうる特殊環境向けロボットなどがあり、これからの日本の産業の発展にも大きく貢献する分野といえます。本研究室では、福祉や宇宙開発におけるロボットをはじめ、歩行型/車両型ロボットの研究、画像認識センサによるロボットへのヒューマンインターフェースの研究など、さまざまな観点から幅広いロボット分野の研究を行っています。



  • 豊橋の「ものづくり博」に出品されて好評を博したライントレースカー。先端についたセンサによって自分の位置と速度を検出し、あらかじめプログラムされた走行モードのなかから自分で走り方を選択し、コースをクリアしていきます。2足歩行タイプとはイメージが違いますが、これも立派なロボットです。


  • GPSセンサを用いた衛星測位システムとマイコン搭載の移動ロボットを融合させ、目的地に自律的に移動可能なローバの研究を進めています。


  • 筋肉からの筋電位を用いてロボットを動作させるヒューマンインターフェースの研究を行っています。



  • 手足などが不自由な方のための支援装置として、利き手のわずかな動きを光センサで感知してハンドアシストする福祉用ロボットを研究しています。


  • 産業ロボットを代表するロボットアーム。先端にカメラが内蔵された多自由度型ロボットアームや習字ロボットなど、さまざまなロボットがあります。

動画で見る研究室



大西正敏教授

専門分野

ロボット工学/メカトロニクス/精密機械/設計製図

経歴

NTTアクセスサービスシステム研究所

メッセージ

常に実用面を考えながら、自分の手で個性あふれるロボットの研究開発をおこないます。人に喜んでもらえる、役に立つロボットや自動制御システムを目指します。


コンテンツサイトマップ -

PAGE TOP