愛知工科大学 工学部

学習ロボットシステム

学習するロボットシステム

近年、ロボットは家庭内や災害地域など、さまざまな現場・用途で用いられるようになり、ロボットに要求される動作が複雑・多様化しています。しかし、ロボットに複雑かつ状況に応じた適切な動作を行わせるプログラムを作成することは困難です。そこで、ロボット自身が生き物のように試行錯誤を行い、動き方を「学習」することが有効となります。本研究室では、複雑な動作を学習するロボットシステムの実現を目標として、さまざまな学習アルゴリズムやシステム制御シミュレーターの研究開発、レスキューロボットへの学習制御の応用などを行っています。



  • 複数の移動ロボットの協調動作の学習実験。


  • 離散・連続混合システムシミュレーター「場面遷移ネット」。

舘山武史教授


専門分野

知能ロボット/機械学習/離散・連続混合システム

経歴

(株)日立製作所/東京都立大学大学院/首都大学東京大学院/東京都立産業技術高等専門学校(非常勤講師、兼任)/産業技術総合研究所(外来研究員、兼任)/東京都市大学(非常勤講師、兼任)

メッセージ

「人間のように学習して賢くなっていくロボット」や「複数のロボットの協調」をキーワードとして、ロボットに複雑で難しい作業をさせることを目指して、ハード / ソフト両方の研究開発を行っています。それぞれの学生の特技や長所を伸ばすことができるような研究室にしたいと思っています。


コンテンツサイトマップ -

PAGE TOP