愛知工科大学 工学部

実験・実習PICK UP

モノづくりの理論と専門技術を頭と体でしっかりと身につける。

多彩な実験・実習を行い、物理的現象や工学への好奇心を高めます。また、モノづくりの基礎である製図をマスターするために、1年次は手描き製図、2年次はCAD製図の実習を実施。3年次にはグループワークを通し、実験における計測や評価のノウハウを学びます。

機械システム設計製図Ⅰ・Ⅱ [2年:前期・後期]

設計製図の基本から応用までを修得する。

機械システム設計製図Ⅰでは、機械製図の基礎的知識をもとに機械装置を設計する技術を学びます。機械システム設計製図Ⅱでは、これまでの総まとめとして、CADを活用した設計製図を学びます。2次元CAD操作の基本から機械図面の正しい描き方などの応用技術を修得。さらに3次元CADについても学び、モノづくりの設計に不可欠な設計図面の作成知識・技術の基本から応用までを学びます。


image01

工学基礎実験Ⅰ・Ⅱ [1年:前期・後期]


体験的に物理的現象や工学に対する興味と関心を高める。

工学の基礎となるさまざまな物理実験を行うことで、体験的に物理的現象や工学に対する興味と関心を高め、定量的な考え方と論理思考を身につけます。また、実験の取り組み方、報告書の作成方法など、実験・実習科目の基礎知識・技術を学びます。


image02

機械基礎製図 [1年:後期]


正しい図面の描き方、読み方をしっかり学ぶ。

部品や製品の設計・製造は、すべて図面を基本にして行われています。そのため正しい図面が描け、誤りなく図面を読むことは非常に重要です。空間図面と平面図面の対応について理解し、JIS(日本工業規格)による製図の規則について学びます。


image03

機械システム工学実習Ⅰ・Ⅱ [2年:前期・後期]


さまざまな実習メニューでモノづくりの喜びを実感。

ミニ・クランプ製作、ロボット製作、ガソリンエンジンの分解・組み立て、CAD/CAM実習を通して基礎技術を体験的に修得すると同時に、モノづくりの喜びを実感します。また、製作過程における安全作業の重要性も認識します。


image04

機械システム工学実験Ⅰ・Ⅱ [3年:前期・後期]


実験・計測・評価・考察を行い、工学的アプローチ手法を身につける。

基礎実験によって学んだ測定方法、データの処理方法を踏まえて、メカトロ、内燃機関、振動、材料、排ガス、流体、切削などの実験を少人数のグループにわかれて行います。正しい計測手法の修得や的確な評価、考察展開法を確実に修得します。



コンテンツサイトマップ -

PAGE TOP