愛知工科大学 工学部

大学院工学研究科

博士前期課程・博士後期課程


教育研究上の目的


大学の教育研究上の目的に関する情報


目標


本学は、「社会から喜ばれる知識と技術をもち歓迎される人柄を兼ね備えた人材の育成」という学園建学の精神のもとに、科学技術に関する新しい知識と豊かな創造性を持ち、広く内外の産業界において技術開発の原動力となるべき実践的な科学技術者を養成することを目標とします。本大学院は、先端技術分野の教育研究を中心として、自動車をはじめとするシステム応用への技術とその周辺技術に加え、機械・電気電子・情報における各分野での技術を、ものづくりのための「システム工学」としてとらえ、地域産業に密着した独創性豊かな優れた研究者、高度専門技術者・職業人等の養成を目指します。

博士前期課程では、

  • 広い視野に立って精探な学識を身につけ、高度な技術者の養成
  • 本地域に貢献できる先進的ものづくりのための総合能力を身につけた技術者の養成

を目指します。

博士後期課程では、

  • 自立して研究活動を行うために必要な高度の研究能力、及びその基礎となる豊かな学識を養い、専門分野における研究者教育研究者を育成すること。
  • 大学と地域企業との共同研究を通し地域企業の研究力の向上のために貢献すること。
  • 専門学校、短期大学等の教員への学位取得を目指した再教育に対する機会を与えること。

を目指します。

高度な専門能力を修得することに専念できる教育研究の環境を提供します

融合型学問領域によるシステム工学の実践

システム工学専攻は、機械分野、電気電子分野、情報分野などの「ものづくり」のための基本領域を有機的に融合させ、広い応用分野に対応でき、独創性豊かな優れた研究者、高度専門技術者・職業人等を養成することを目的としています。
博士前期課程では、従来の学問分野に沿う機械分野、電気電子分野、情報分野を軸に、より高度な教育・研究を展開します。
博士後期課程では、電気電子分野と情報分野の境界領域の包含を意図して電子情報分野とし、機械分野と大きく2分野の領域を括りとし教育・研究を展開します。
システム工学専攻では、下図に示すとおり「破壊、疲労、強度解析システム技術」、「生産機械・交通機械システム技術」、「ロボット応用システム技術」、「レーザー応用光システム技術」、「コンピュータ・ネットワークシステム技術」、「ITS、映像音声情報処理システム技術」等の先端技術から、研究指導を通して、ものつくりの基盤となる専門領域の知識を深めるとともに、21世紀の課題である環境問題に対して理解のできる、幅広い視点に立った柔軟な思考方法や、自ら課題を探求し問題を解決することのできる実践能力の養成を目指します。


コンテンツサイトマップ -

PAGE TOP