愛知工科大学 工学部

高度交通システム(ITS)研究所

愛知工科大学 ITS研究所について

ITS(Intelligent Transport Systems)とは、道路交通が抱える様々な課題(事故や渋滞など)を、センシング・通信・情報処理技術を用いて高度化することによって解決を目指す交通システムを指します(Fig.1)。愛知工科大学では、2008年度からITS研究所が設置され、自動車を中心とした道路交通において重要な課題である、安全性の向上と環境の改善を目指して研究活動しています。ITS研究所は工学部と自動車短期大学の教員とともに共同研究をする外部の方々で構成されています。
また、文部科学省の平成20年度「私立大学戦略的研究基盤形成支援事業」の中で本学の「次世代高度交通システムのための基礎的研究とその実利用」が採択され、ドライビングシミュレータ、リアルタイム 3次元 動作解析システム(モーションキャプチャ)などの大型設備を導入しました。携帯電話などIT技術の発展に伴って生じる車両・ドライバ・歩行者の挙動の変化を画像処理技術などによって明らかにし、解析結果に基づいてドライバ・歩行者に危険性を周知させ、交通の安全性向上を目指しています。



ITS研究所のとりくみ


自動車・自転車等 ドライバの認知動作解析/小塚一宏

運転中のドライバが運転操作に対して集中していない場合にどのような挙動が表れるか、特に視線や体の動作について様子を調べ、集中している場合との違いについて研究しています。





近距離無線通信による出会い頭事故防止/宇野新太郎

近距離無線を用いて、特に信号機のない交差点向け出会い頭事故防止システムの研究開発を行っています。安価かつ低消費電力な車載器ならびに路側装置の開発を行い、実用化を目指しています。また、デマンドバスシステムの研究開発も行っています。





ドライバ状態推定・検出およびHMI開発/荒川俊也

運転時のドライバ状態を生理指標の観点から推定・検出し、予防安全システムの開発に繋げる基礎研究を行っています。
また、ドライバに的確な情報を伝えるHMIの開発も行っています。





災害発生時の避難行動支援/板宮朋基

津波や大地震などの災害発生時における避難誘導の方法を研究し、効果を検証しています。また、ドライビングシミュレータに災害状況を再現し、いざという際に冷静に対応するための啓発プログラムも構築しています。





ITS研究所メンバー

  • 宇野 新太郎 (情報メディア学科 教授)所長
  • 荒川 俊也(機械システム工学科 教授)
  • 板宮 朋基(情報メディア学科 准教授)
  • 小林 一信(情報メディア学科 講師)
  • 中島 守(自動車短期大学 教授)
  • 尾林 史章(ITS研究所 研究員)
  • 小塚 一宏(愛知工科大学名誉教授)

アクセス

〒443-0047 愛知県蒲郡市西迫町馬乗50-2
愛知工科大学 テクノゆめとぴあ 3F ITS研究所

TEL: 0533-68-1135, FAX: 0533-68-0352


コンテンツサイトマップ -

PAGE TOP