愛知工科大学 工学部

裴 艶玲

裴 艶玲 PEI Yanling(ベ エンレイ)


  • 所属:工学部 電子制御・ロボット工学科
  • 職名:准教授
  • 最終学歴:名古屋大学 大学院 工学研究科 機械理工学専攻
  • 学位:博士(工学)名古屋大学
  • 職歴:1997年7月~2002年2月 蘭州理工大学・流体機械流体工程専攻 助手/2012年10月~2014年3月 名古屋大学エコトピア科学研究所融合プロジェクト部門 研究機関研究員/2014年5月~2014年7月 中部大学工学部ロボット理工学科 客員研究員/2014年8月~2015年3月 東北大学大学院医工学研究科 研究員/2015年4月~2017年9月 中部大学工学部ロボット理工学科 研究員/2017年10月 愛知工科大学 電子制御・ロボット工学科
  • 所属学会:日本機械学会/日本ロボット学会/IEEE
  • 学会及び社会活動:2017年10月~現在 日本ロボット学会学術講演会2018実行委員会 幹事

写真:裴 艶玲

教育・研究テーマ


  • 担当科目:工学基礎実験1/プロジェクト実習1(レゴ)/機械力学2/AUT教育入門/CAD/CAM/CAE演習2/ 材料力学・同演習(演習)/プロジェクト実習2(レゴ)/材料力学・同演習(演習)/工学セミナー/現代制御/卒業研究
  • 研究分野(専門分野):福祉ロボット/ロボットインターフェイス
  • 研究課題:リハビリアシストロボットに関する研究/Human Robot Interface に関する研究

主な学術論文

査読付き学術論文


  • 裴艶玲, 金泳佑,大日方五郎, 長谷和徳,ロボット支援型下肢リハビリテーションにおける筋骨格モデルに基づいた運動軌道と足先に作用する力の設計,日本機械学会論文集(C編),Vol.77, pp.3439-3453, 2011.
  • 裴艶玲, 金泳佑, 大日方五郎,元田英一, 長谷和徳,生体力学的安全性を考慮した3次元下肢リハビリテーション運動軌道と足先に作用する力の同時同時設計手法,日本機械学会論文集(C編), Vol.78, pp.2972-2986, 2012.
  • Y. Pei, Y. Kim, G. Obinata, E. Genda, D. Stefanov,Comparison of Robot-aided Shoulder Exercise to Weight-based Exercise,International Journal of Advanced Robotic Systems, Vol.9, DOI: 10.5772/51034, 2012

査読付き国際会議論文

  • Y. Pei, Y. Kim, G. Obinata, E. Genda, D. Stefanov,Comparison of Robot-aided Shoulder Exercise to Weight-based Exercise,International Journal of Advanced Robotic Systems, Vol.9, DOI: 10.5772/51034, 2012.
  • Y. Pei , Y. Kim, G. Obinata, E. Genda, D. Stefanov,Robot-aided Rehabilitation Task Design For Inner Shoulder Muscles,34rd Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society, San Diego,pp.3922-3925, 2012.8.
  • Y. Pei , Y. Kim, G. Obinata, E. Genda, D. Stefanov,A new concept for robot-aided motion planning of muscle training,SICE Annual Conference 2013,Nagoya, Sep. 14-17, 2013.
  • Y. Pei , Y. Kim, G. Obinata, E. Genda, D. Stefanov,Robot-Aided Motion Planning for Knee Joint Rehabilitation with Two Robot-Manipulator,35rd Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society, Osaka, pp.2495-2498, 2013.
  • Yanling Pei, Goro Obinata, YoungWoo Kim and Jaeryoung Lee, Adaptive Impedance Control with Variable Stiffness for Motion and Force Tracking System, MHS and Micro-Nano Global COE, Nagoya, Japan, Nov. 23-25, 2015.
  • Michal Gloger, Goro Obinata, Eiichi Genda, Jan Babjak, Yanling Pei, Active Lower Limb Orthosis with One Degree of Freedom for People with Paraplegia, 2017 IEEE-RAS-EMBS International Conference on Rehabilitation Robotics, August , 2017.

その他

国際会議発表

  • Y. Pei, K.Hase,G. Obinata, Rehabilitation Systems Based on Robot and Musculoskeletal Model, MHS2007, Nagoya, Japan, Nov. 11-14, 2007.
  • Y. Pei, Y. Kim, G. Obinata, K. Hase, Development of an upper limb training system based on backstepping adaptive controller, The 3rd Nagoua University –UCLA international Symposium, Nagoya, Japan, Dec. 8-9, 2008.
  • Y. Pei, Y. Kim, G. Obinata, K. Hase, .Development of nonliner training system for arm based on backstepping adaptive method, MHS2008 and Micro-Nano Global COE, Nagoya, Japan, Nov. 6-9, 2008.
  • Y. Pei, Y. Kim, G. Obinata,Robot-aided Rehabilitation Task Design,The 7th Nagoya University-UCLA International Symposium Hokkaido University and Nagoya University Global COE Joint Symposium,Sapporo,2012.
  • Y. Pei , Robot-aided Rehabilitation Task Design Based on Musculoskeletal Model, The Joint Symposium of 9th International Symposium on Medical, Bio- and Nano-Electronics, and 6th International Workshop on Nanostructures & Nanoelectronics March 2-4, Tohoku University Sendai, Japan, 2015. 

国内会議発表(最近の3年分のみ)

  • 村田詩織,長谷和徳,林祐一郎,大日方五郎,裴艶玲, 実計測運動を再現するための動力学シミュレータ, 第36回バイオメカニズム学術講演会, 長野県上田市,2015.11.
  • 清水新悟, 昆恵介,裴艶玲, LEE Jaeryoung,大日方五郎,機械的特性計測に基づく低アーチ足の衝撃吸 収機能の検討, 第36回バイオメカニズム学術講演会, 長野県上田市,2015.11.
  • 浅野賢, 長谷和徳, 林祐一郎, 大日方五郎, 裴艶玲, スポーツ義足の反発特性評価, 日本機械学会 関東支部第22期総会講演会,2016.3.
  • 村田詩織,長谷和徳,林祐一郎,大日方五郎,裴艶玲,スポーツ義足と走幅跳フォームの同時最適化シミュレーション, 第37回バイオメカニズム学術講演会, 2016.11.
  • 清水新悟 ,昆恵介,鎌田翔一郎,裴艶玲,大日方五郎, 正常アーチ足との機械的特性比較に基づく低アーチ足の衝撃吸収機能の補償,第25回バイオメカニズム・シンポジウム,2017.

特許登録

  • 渡邉高志,裴艶玲, 歩数計測装置,歩数計測の装置と方法及びそのプログラム, 発明整理番号:P20140443

外部資金獲得状況

  • 渡邉高志,裴艶玲, 歩数計測装置,歩数計測の装置と方法及びそのプログラム, 発明整理番号:P201404432006年4月~2007年3月 堀科学芸術振興財団助成金 ロボットと筋骨格モデルを用いた運動リハビリ支援システム 研究代表者
  • 2015年10月~2016年9月 マッチングプランナー プログラム - 科学技術振興機構 自閉症児の触り方自習用デバイスの開発 研究分担者(研究代表者:大日方五郎)
  • 2015年7月~2018年5月 スズキ財団課題提案型研究助成 運動フォームと機構の同時最適化による競技者へ適合するスポーツ義足の設計開発 研究分担者(研究代表者:長谷和徳)

-

PAGE TOP