機械システム工学科

豊吉研究室

モノに力がどのように加わり壊れていくのか,それをどのように防ぐか。

豊吉研究室豊吉 巧也 助教

キーワード材料力学 / 計算力学 / 破壊力学 / 全視野ひずみ計測 / 深層学習

豊吉研究室
p_m_research2021-3

形あるものはいずれ壊れる。では,どのようにしたらそれは防げるのだろうか?硬くて重い金属材料で大きく作りすぎてしまえば,重くて運べなくなってしまう。逆に柔らかくて軽いプラスチック材料で作ってしまうと,軽いが強度が心配です。モノには適切な大きさ形があるのです。モノに力がかかったときの変形の様子をカメラを使って捉えることで,材料の強度を明らかにし,壊れる様子を計測することで,どのように壊れていくかを明らかにする。そして,コンピュータシミュレーションによって,目では見えない場所の壊れる原因を明らかにすることができます。さらには,計測より得られた結果とシミュレーションの結果を組み合わせ,深層学習技術を導入することで,より現実に近い評価が簡便にできるようになります。我々の研究室では,このような技術の開発・研究を行っており,より安心・安全な未来の社会構築に役立つ技術の開発を目指しています。