NEWS

情報メディア学科 水谷聡志准教授が国際会議APIEMS 2017でBest Paper Awardを受賞しました

学科情報

インドネシアで開催された The 18th Asia Pacific Industrial Engineering and Management Systems(APIEMS 2017)において、水谷聡志准教授が Best Paper Award を受賞しました。APIEMS2017は、とくにアジア地域から多くの研究者が参加する経営工学に関する国際会議です。
受賞は Extende Maintenance Overtime Policies for Database System with Notification of Maintenance という題の論文に対するもので、愛知工業大学中川覃夫客員教授との共著として発表されました。データベースなどのシステムの保守をいつ実施すれば効率よくできるか計画するといった問題を、確率論を用いてモデル化し解析的に議論しました。