NEWS

小塚特任教授が「千種区交通安全区民総決起大会」で“ながらスマホ”の危険性について講演

お知らせ

愛知県では、交通事故死者数が15年連続全国最多で今年も全国最多になっており、非常事態宣言が出されました。
9月21日、秋の全国交通安全週刊の開始に合わせて「千種区交通安全区民総決起大会」が開かれて交通安全宣言などが採択された後、小塚一宏名誉・特任教授が1時間講演しました。
「運転中および歩行中の“ながらスマホ”の危険性」をテーマに、10年以上にわたって行った検証実験データと出演したNHKテレビのビデオなどを使って説明しました。
中高年の方を中心に約150名が熱心に聴講されました。

中日新聞掲載記事