愛知工科大学 工学部

超高効率エンジンの研究。目指すのは、究極のリーンバーン。

内燃機関/ロバスト制御/燃焼センサ


自動車用エンジンのCO2排出をできるだけ少なくする。この目標に異論を唱える人はいないだろう。ハイブリッドやEVなども実用化されているが、ガソリンエンジンの改良も重要。エンジンの燃焼現象はきわめて複雑かつ高速で、空気、燃焼、点火を精密にコントロールしなければならないパラメータは膨大だ。センサ技術と制御理論を追究して、排気ガスのエネルギーで“ゆっくりした燃焼”を開始し、その後、点火プラグのエネルギーで“早い燃焼”を起こす。目指すのは、究極のリーンバーン(希薄燃焼)だ。あわせて、新構造エンジンの開発にもチャレンジしている。

-

PAGE TOP